ワイモバイル 使用感のせています。 Ymobile!/myymobile

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

スマートフォン人気ですね~。

スマホ レビュー ブログのせています。

 

機種代が無料のキャンペーンを利用する(家電量販店)も良いです。

MyYmobile(myymobile)にログインするときはWi-Fiをオフにすると簡単ログインできます。

 

 

審査があります。

(スマホ審査です。)

 

キャリア決済は大手キャリアに比べると少額です。

 

キャリアメールが使えます。

ヤフー(Yahoo)が手掛けています。

(~@yahoo.ne.jpです。)

メールはヤフーから確かめることができるので利点の1つです。

 

電話番号が選べます。

 

きりんがワイモバイルを使った使用感を述べています。

ビジネスに2台目のスマホを使っても良いと思います。

きりんが使った感想としては2台目としてはおすすめできそうです。

通信費については振替が月半ばです。

(請求書払いに変更できます。)

会社なら請求書で仕訳ができます。

 

ワイモバイルアプリ内でも見れます。

(・LINEをよく使われるかた

 はマイワイモバイル内で確認できることはライン(LINE)でも確かめることができます。)

 

1台3,430円

基本料が2,480円

通話料が うち200円

オプションサービス料は690円

 

オプションサービスは

・留守番電話

・転送電話

・発信規制の設定着信規制の設定

・ご利用可能額の設定

      があります。

 

2台目は2,980円

通話料64円

オプション200円

 

 

 

・パケくじにてパケット量が加算されます。

・くじ引きが月に1度あります。

ヤフーショッピングをよく使われる方はヤフープレミアムにご入会無料になるプランがあります。

 

ヤフープレミアム会員は雑誌やマンガがたくさん読めるサービスがあります。

(こちらは無料アプリです)

 

パケットマイレージはYahoo!サービスを利用してマイルを貯めるとおトク!に使えます。

・翌月無料でパケットが追加加算されます

【ワイモバイルの強み】
1.ソフトバンク運用だから快適・安心
⇒ワイモバイルはソフトバンクが専用の回線を確保しているので、ソフトバンクと変わらない回線速度が実現できます。 またサポートもソフトバンク同様のサービスが受けられるため非常に安心です。

2.大手キャリア運用だからサービスが継続する
⇒総務省によると2019年時点で日本に962のMVNO事業者がいるそうです。 販売数の少ない事業者はサービスの統廃合などユーザーにとっての利便性を失う可能性もあります。 その点、ワイモバイルはソフトバンク運営なので突然サービスが終了してしまうなどがありません。

3.プランもシンプル
⇒MVNOでは通話プラン・データプランそれぞれ最適なプランを選ぶ必要がありますが、 ワイモバイルでは通話とデータのセットプランになっているため、データ容量のみ選べばいいので非常にシンプルです。
4.10分以内の通話無料
⇒MVNOの場合は5分以内の通話が無料が多いのですが、ワイモバイルでは10分以内の通話が無料です。 また通話し放題にするオプションもあるため比較的通話を多くする人に好まれる傾向にあります。
5.新品のスマホが購入できる
⇒他のキャリアのように「整備品」ではなくあくまで新品が購入できるというのは大きなメリットです。
6.ソフトバンクのおうち割が引き継げる
⇒ソフトバンクでおうち割を適用している人は、ワイモバイルに乗り換え(MNP)してもおうち割を引き継ぐことができます。 もちろん新たに適用することもできます。

 

 

1度・お気軽にお問い合わせください。

 

体調に気を付けて

合格まで頑張ってください。

応援しています。

 

Tweetよろしくお願いします!