都市計画法/都市計画法の概要


  都市計画法の概要

・チェック項目!
都市計画法とは「どのような法律」 ?

都市計画法の全体像を知っておこう!


 都市計画法の目的は、住みよい都市づくりをすることだと思ってください。 したがって、この法律はその目的を達成するための手法を定めています。


 以下、順を追って説明しますので、この法律のイメージをつかんでください。

①都市計画区域(または準都市計画区域)の指定


「住みよい都市づくり」に最初に必要なものは何でしょうか?


それは「場所」です。区域指定とは、「人」とのかかわりのある場所定めることです。

②都市計画の種類
 法律によって規制される場所が定まれば、次にどのような方法で目的を達成させるのかという、いわば道具となるものが必要です。この「道具」にあたるものが都市計画です。道具には様々なものがあるように、都市計画にも様々なものがあります。

③都市計画の基準
 道具(都市計画)を使用するにあたっては、その道具を使用するうえ、注意すべきことがあります。それが都市計画基準であり、いわば都市計画を使ううえでの「使用上の注意」のようなものです。

④都市計画の決定
 ここまでで、場所(区域指定)、道具(都市計画)の準備ができました。
次は、それぞれの区域において、住みよい都市づくりのために「何が必要なのか?」を定めなければなりません。つまり、必要に応じて必要な道具(都市計画)を定めるのです。これが都市計画の決定です。


⑤都市計画制限

最後に都市計画の実行をスムーズに行えるように、様々な規制をしていきます。これが都市計画制限です。 この規制では、特に「開発行為」の規制をしていきます。これが都市計画です。この規制では、特に「開発行為」の規制が重要です。

 

【都市計画法の流れと出題内容】

①区域指定

「どこで」住みよい都市づくりをするのか?

誰が「どのような場所」を指定するのか?


①都市計画区域の指定要件


②準都市計画区域の指定要件


②都市計画

都市計画とは「どのような道具」なのか?

すべての都市計画の種類(内容)は覚えなくてよい。


都市計画のうち、下記の3種類を覚える。


① 区域区分


② 地域地区(重要なものだけ!)


③ 地区計画

③ 基準


都市計画という道具を使用するうえで「注意」とは?

すべての基準を覚えなくてよい。


①用途地域の基準を覚える


②都市施設についての基準を覚える

④ 決定

「誰が」「どのように」定めるのか?

①「誰が」どの都市計画を定めるのか?


② 都市計画を定める手続は、都道府県と市町村では「どこが」違うのか?


③準都市計画区域では、「どの都市計画」を定めることができるのか?

⑤制限

都市計画の目的を実現するため、「どのような規制」があるのか?

「開発行為」の徹底理解に努める!


①開発行為の許可が必要か否か!


②開発行為の手続


③開発行為内外の建築制限

Tweetよろしくお願いします!