宅地建物取引業法 第25条 宅地建物取引業法 第26条

(営業保証金の供託等)
第25条 宅地建物取引業者は、営業保証金を主たる事務所のもよりの供託所に供託しなければならない。


2 前項の営業保証金の額は、主たる事務所及びその他の事務所ごとに、宅地建物取引業者の取引の実情及びその取引の相手方の利益の保護を考慮して、政令で定める額とする。


3 第1項の営業保証金は、国土交通省令で定めるところにより、国債証券、地方債証券その他の国土交通省令で定める有価証券(社債、株式等の振替に関する法律(平成13年法律第75号)第278第1項に規定する振替債を含む。)をもつて、これに充てることができる。


4 宅地建物取引業者は、営業保証金を供託したときは、その供託物受入れの記載のある供託所の写しを添附して、その旨をその免許を受けた国土交通大臣又は都道府県知事に届け出なければならない。


5 宅地建物取引業者は、前項の規定による届出をした後でなければ、その事業を開始してはならない。


6 国土交通大臣又は都道府県知事は、第3条第1項の免許をした日から3月以内に宅地建物取引業者が第4項の規定による届出をしないときは、その届出をすべき旨の催告をしなければならない。


7 国土交通大臣又は都道府県知事は、前項の催告が到達した日から1月以内に宅地建物取引業者が第4項の規定による届出をしないときは、その免許を取り消すことができる。


8 第2項の規定に基づき政令を制定し、又は改廃する場合においては、その政令で、営業保証金の追加の供託又はその取戻しに関して、所要の経過措置(経過措置に関し監督上必要な措置を含む。)を定めることができる。


(事務所新設の場合の営業保証金)
第26条 宅地建物取引業者は、事業の開始後新たに事務所を設置したとき(第7条第1項各号の一に該当する場合において事務所の増設があつたときを含むものとする。)は、当該事務所につき前条第2項の政令で定める額の営業保証金を供託しなければならない。


2 前条第1項及び第3項から第5項までの規定は、前項の規定により供託する場合に準用する。

Tweetよろしくお願いします!