宅建2021 eラーニング 宅建業法 2/3 1問1答・クイズ形式 

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

宅建 クイズ形式 宅地建物取引業法2/3
 宅建2021eラーニング クイズページです。

 

こちらの問題は試験までに試験対策+αに

 

ほっと1息入れる

1日5問

     解いていくことができます。

1問1答は解答力UPに有効です。

たとえば、検索すると、参考ページが閲覧できます。

 

5問をこえる場合があります。

なぜなら単元は13問をこえる場合があります。

たとえば、13問→6問・7問などです。

 

 

業務上の規制

 

・宅地建物取引業法(業務上の規制  広告開始時期・契約締結時期の制限   ・「広告開始時期」の制限) 8問  宅建(宅地建物取引士試験)クイズ

 

業務上の規制  広告開始時期・契約締結時期の制限   ・「広告開始時期」の制限 8問

 

 

・宅地建物取引業法(業務上の規制  広告開始時期・契約締結時期の制限   ・「契約締結時期」の制限) 4問 宅建(宅地建物取引士試験)クイズ

 

業務上の規制  広告開始時期・契約締結時期の制限   ・「契約締結時期」の制限 4問

 

・宅地建物取引業法( 業務上の規制  誇大広告の制限と取引態様の明示 ・誇大広告の制限 10問)  宅建(宅地建物取引士試験)クイズ

宅地建物取引業法   業務上の規制  誇大広告の制限と取引態様の明示 ・誇大広告の制限 10問

 

・宅地建物取引業法 業務上の規制   誇大広告の制限と取引態様の明示 ・取引態様の明示5問

 

宅地建物取引業法 業務上の規制誇大広告の制限と取引態様の明示 ・取引態様の明示5問

 

・ 宅地建物取引業法 業務上の規制 契約における規制 ・供託所等の説明2問+守秘義務4問 6問

宅地建物取引業法 業務上の規制 契約における規制 ・供託所等の説明2問+守秘義務4問 6問

 

・宅地建物取引業法 業務上の規制  契約における規制 ・手付貸与の誘引等3問+契約のモラル 4問 7問

宅地建物取引業法 業務上の規制  契約における規制 ・手付貸与の誘引等3問+契約のモラル 4問 7問

 

 

・宅地建物取引業法 業務上の規制 契約における規制・手付貸与の誘引等 ・契約のモラル2問 +宅建業者・宅建士の責務4問 6問

宅地建物取引業法 業務上の規制 契約における規制・手付貸与の誘引等 (契約のモラル2問 +宅建業者・宅建士の責務4問) 6問

 

・宅地建物取引業法 業務上の規制 の「案内所等」の届出と「標識」の設置 ・案内所等の届出4問

宅地建物取引業法 業務上の規制 の「案内所等」の届出と「標識」の設置 ・案内所等の届出4問

 

・宅地建物取引業法 業務上の規制 の「案内所等」の届出と「標識」の設置 ・標識の設置6問

 

宅地建物取引業法 業務上の規制 の「案内所等」の届出と「標識」の設置 ・標識の設置6問

 

・宅地建物取引業法 業務上の規制 従業者名簿等・帳簿 ・従業者証明書2問+従業者名簿6問  8問

宅地建物取引業法 業務上の規制 従業者名簿等・帳簿 ・従業者証明書2問+従業者名簿6問  8問

 

 

・宅地建物取引業法 業務上の規制 従業者名簿等・帳簿     ・帳簿 5問

宅地建物取引業法 業務上の規制 従業者名簿等・帳簿    ・帳簿 5問

 

 

媒介契約書

・宅地建物取引業法 媒介契約書 媒介契約書の種類と一般的な規定-1 6問

宅地建物取引業法 媒介契約書 媒介契約書の種類と一般的な規定-1 6問

 

・宅地建物取引業法 媒介契約書 媒介契約書の種類と一般的な規定-2 7問

宅地建物取引業法 媒介契約書 媒介契約書の種類と一般的な規定-2 7問

 

 

・宅地建物取引業法 媒介契約書 媒介契約書の記載事項等 5問

 

宅地建物取引業法 媒介契約書 媒介契約書の記載事項等 5問

 

 

・宅地建物取引業法 媒介契約書 専任・専属専任に関する規定 11問

宅地建物取引業法 媒介契約書 専任・専属専任に関する規定 11問

 

 

・宅地建物取引業法 媒介契約書 専任·専属専任に関する規定   ・指定流通機構への登録 7問

宅地建物取引業法 媒介契約書 専任·専属専任に関する規定   ・指定流通機構への登録 7問

 

 

・宅地建物取引業法 媒介契約書 専任・専属専任に関する規定  ・指定流通機構への通知 2問

宅地建物取引業法 媒介契約書 専任・専属専任に関する規定  ・指定流通機構への通知 2問

 

 

 

次のページ
  ・宅建業法 3/3   1問1答

 

 

 

令和2年 宅建過去問100問 1問1答 Kindle版出版しました(Kindleunlimited対応しています)

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。


Kindleから一部抜粋

amazon kindle unkimited  宅建1問答令和2年

商品のメリット:

・ 書籍はスマホで読むことができます。

 

・ 基本問題を収録し、すぐに読了できます。

 

・ 過去問正解のオリジナル解説が読めます。


発売日:2021年3月4日発売

 

宅建書籍の発売場所:AmazonKindleです。

 

著者名: きりん(著)

ブランド:kirin

 

商品名: 宅建 100問 令和2年1問1答

商品紹介:

【問 35】 宅地建物取引業者A(甲県知事免許)の営業保証金に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。
3 Aは、営業保証金の還付により、営業保証金の額が政令で定める額に不足することとなったときは、甲県知事から不足額を供託すべき旨の通知書の送付を受けた日から2週間以内にその不足額を供託したければならない。
正解 33 正しい。不足額の供託→免許権者から通知 を受けてから2週間以内に供託する。宅建業者は、営業保証金の還付があったため、営業保証金が不足することとなったときは、免許を受けた国土交通大臣又は都道府県知事から不足額を供託すべき旨の通知書の送付を受けた日から2週間以内に、その不足額を供託しなければなりません。→28条1項、営業保証金規則5条
【問 35】 宅地建物取引業者Aが行う媒介業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。なお、この問において「37条書面」とは、同法第37条の規定により交付すべき書面をいうものとする。
イ Aが建物の賃貸借契約を成立させた場合においては、契約の当事者が宅地建物取引業者であっても、37条書面には、引渡しの時期及び賃借権設定登記の申請の時期を記載しなければならない。
イ  誤り。建物の賃貸借契約において、引渡しの時期は37 条書面の必要的記載事項となるが(同法37条2項1号)、賃借権設定登記の申請の時期は、37 条書面の記載事項ではない。なお、37条の規定は、宅建業者間取引でも適用されること(同法78条2項)、および宅地また は建物の売買契約においては「移転登記の申請の時期」は必要的記載事項であること(同法37条1項5号)に注意。


 

アマゾンKindleUnlimitedはこれまでに登録した事がないかたは30日間無料でお試しいただけます。

 

Kindleアプリをインストールし連携。

 

もし連携が上手くいかない場合はアマゾンアカウントの2段階セキュリティを外す。

アマゾンにメールアドレス、パスワードを登録。

→AmazonKindleUnlimited

AmzonKindle登録はこちら。

 

 

令和2年

平成30年

平成30年

平成29年