不動産取得税と固定資産税の相違 宅地建物取引士 試験 免除科目

宅地建物取引士 試験 免除科目

チェック項目
不動産取得税と固定資産税の相違」を覚える。

 

不動産取得税と固定資産税の相違 


 不動産取得税と固定資産税は非常によく似ています。 したがって、内容は暗記したが、どちらの税金の問題なのかわからなくなる場合があります。ここでは、この2つの税金について、各項目を比較してまとめておきます。


①「基本事項」の相違と覚え方
 この基本事項の相違については下表にまとめています。この相違は単に課税主体が「都道府県なのか?」「市町村なのか?」などの違いです。

②「特例事項」の相違と覚え方
 特例は、不動産取得税および固定資産税のどちらの税金にもあります。ここでは、それぞれの特例について、「どのような場合」「どこから」「どれだけ控除」されるのか? を対比し、その相違を押さえておきましょう。
特に「どこから控除」されるのかに着目して覚えることが近道です。下頁を見てください。どちらも対象は土地と家屋です。

不動産取得税と固定資産税は比較して覚えること。

 


<固定資産税は不動産取得税の「逆」から控除されると覚えよう!>・参考

 

不動産取得税

固定資産税

土地

税額から控除

課税標準を軽減

家屋

課税標準から控除

税額から控除

 

 

 

[試験の落とし穴]

<「都市計画税」にも、下記の事例がある>

 

都市計画税 

固定資産税

小規模住宅用地 

課税標準の1/3

1/6

住宅用地(上記以外)

課税標準の2/3

1/3

 

 

 

 

[不動産取得税と固定資産税は比較しながら同時に覚えよう!]・不動産取得税/固定資産税いずれか語呂合わせで大丈夫です。

 

不動産取得税

固定資産税

課税主体

都道府県

市町村

課税客体

土地、家屋

土地、家屋、償却資産

納税義務者

現実の取得者

台帳課税主義(固定資産課税台帳)

1月1日時点

納期

都道府県の条例

4月、7月、12月、2月

徴収方法

普通徴収

普通徴収

課税標準

固定資産課税台帳登録価格

固定資産課税台帳登録価格

税率

標準4%(土地・住宅は3%)

標準1.4%

免税点

土地10万円、家屋23万円、家屋(建築以外)12万円

土地30万円、家屋20万円

特例

土地

住宅用の土地「税額」から控除

・ 150万円×3%

 ・一定の算式による額 

いずれか多いほう

「課税標準」を軽減 

・200㎡以下1/6

・200㎡超え1/3

 

 

家屋

「課税標準」から控除

・1,200万円一律(新築) 

・1,200万円限度(中古) 

「税額」から控除 1/2

・3年度または5年度分に限る

・新築住宅のみ適用

・120㎡限度

 

 

体調に気を付けて

合格まで頑張ってください。

応援しています。

 

 

宅建 eラーニング  web 参考書 その他の分野

代理の基本的事項~表見代理 宅建 民法

貸借・借地借家法~地代・家賃の増減額請求/宅地建物取引士 試験 民法

5点免除 不動産鑑定評価基準 2.  宅地建物取引士 試験対策 パーフェクト宅建

印紙税が不要な文書・課税文書 宅地建物取引士 試験 免除科目

登録免許税/基本事項・登録免許税の特例 宅地建物取引士 試験 免除科目

都市計画法 ⑨ 開発行為の許可(その2) 許可が不要なものとは! 宅建試験対策

不動産取得税 宅建 免除科目

Tweetよろしくお願いします!