統計~土地白書など 宅建  免除科目

 宅地建物取引士 試験 免除科目     

      

           みだし
           1.  統計の種類   学習方法
           2.  建築着工統計・土地白書

 

 

 

チェック項目
本年度の試験については、「最新のデータ」を必ず確認してください。

1.  統計の「種類」と「学習方法」

 統計については1問出題されます。この分野は他の法律問題とは異なり、 理解することではなく、不動産に関する統計を正確に覚えるだけです。 学習の際は、過去から現在までの数値を覚えるのではなく、直近の統計についての「状況」や「傾向」を押さえてください。

 

2.  地価公示
 地価公示は、毎年「国土交通省」から発表される地価についての統計です。この統計では「全国平均」「三大都市圏」「地方圏」ごとに下記のポイントに注意しながら覚えてください。


①  地価が「上昇」したのか、それとも「下落」したのかを、「住宅地」 と「商業地」に分けて覚えてください。
②  上昇(または下落)の幅が「拡大」したのか「縮小」したのか、「2 年連続」なのか「3年連続」なのか等の「傾向」も、覚えてください。

3.  法人企業統計
 法人企業統計については、不動産業の「売上高」と「経常利益」について、 下記の①~③の「3つ」 のポイントを覚えてください。 下頁は平成30年度の数値であり、令和2年試験では、令和元年度の数値で覚えること!


①  不動産業全体の「売上高」および「経常利益」の数値
②  不動産業全体の売上高および経常利益が、対前年比で「どれだけ増加したのか」あるいは「どれだけ減少したのか」
③  売上高および経常利益が、「全産業」に対して「どれくらいの割合」 を占めているのか
・「売上高経常利益率」が問われることもあります。


[出題される主な統計の内訳]

 

出題される主な内容

過去10年の出題回数

地価公示(国土交通省)

全国の地価公示、三大都市圏の地価公示、地方圏の地価公示

9回

建築着工統計(国土交通省)

・「年間」の新設住宅着工戸数

・「年度」の新設住宅着工戸数

10回

法人企業統計 (財務省)

・不動産の売上高

・不動産業の経常利益

8回

土地白書(国土交通省)

・土地の所有権移転登記数

・全国の土地取引面積

・宅地の供給量

10回

国土交通白書(国土交通省)

・宅建業者数

・指定流通機構の新規登録件数

3回

 

[平成30年の地価公示]

全国

上昇した

2年連続の上昇となった

住宅地

0.6%上昇

2年連続の上昇

商業地

2.8%上昇

4年連続上昇

三大都市圏

5年連続上昇

6年連続上昇している

住宅地

1.0%上昇

6年連続上昇

商業地

5.1%上昇

6年連続上昇

地方圏

下落を脱して横ばい

下落率は26年連続で縮小している

住宅地

0.2%上昇

27年ぶりに上昇

商業地

1.0%上昇

2年連続上昇

 

[法人企業統計]
 売上高    ①43兆4,300億円(②1.0%増収)

・全産業売上高約2.8%

経常利益 ①6兆700億円(②13.8%増益)

 

統計 ② 建築着工統計・土地白書など


チェック項目
住宅着工戸数では「何を覚える」?

1.  建築着工統計
 建築着工統計は、「新設の住宅の着工戸数」や建築物の「着工床面積」について、国土交通省から発表されます。この統計については、下記の2点を押さえてください。


①   新設の住宅着工数についての「総戸数」 と、その着工戸数が対前年比 で「増加したのか?」 それとも「減少したのか?」 などの「傾向」について覚えてください。
②  利用関係別戸数では、戸数まで覚える必要はありませんが、「増加したのか?」「減少したのか?」と「傾向」は押さえておきましょう。

2.  土地白書(国土交通省)
 土地白書については、下記の項目について覚えてください。 「土地の所有権移転登記数」「宅地の供給量」「全国の土地取引面積」。
特に全国の土地取引について、売買による「所有権の移転登記の件数」 取引件数が「増加したのか」「減少したのか」の「傾向」について覚えてください。

 

3.  国土交通白書(国土交通省)
国土交通白書では、下記の項目について覚えてください。
①  「宅建業者数」およびその業者数の「増減の傾向」
②   宅建業者に対する監督処分件数が前年度と比べて「増加したのか、否か」についても押さえておきましょう。

[試験の落とし穴]
<「年間」の数値と「年度」の数値の相違に注意!>
建築着工統計には「年間の数値」と「年度の数値」がある。
平成22年以降、出題されているのは「年間」の数値であるが、念のため、「年間」についての傾向を覚えた後、「年度」についても確認しておくとよいだろう。
・年間の数値(1月公表)>1月~12月までの数値
・年度の数値(4月公表)>4月~翌年の3月末までの数値

 


[新設住宅着工戸数]
例) 平成30年1月公表→平成29年の「年間の数値」

 

 

戸数

傾向

総戸数

94.24万戸(前年比2.3%減)

2年連続減少

持家

28.32万戸(前年比0.4%減)

2年連続減少

貸家

38.64万戸(前年比5.5%減る)

7年ぶり減少

分譲住宅

25.53万戸(前年比0.0%増)

4年連続増加

・新築住宅着工床面積 75,309千㎡(前年比2.8%減少) 2年連続減少

 

 

 

[土地白書・国土交通白書]

土地の取引件数(土地白書)

・平成30年の全国の土地取引件数 (売買による土地の所有権移転件数)は、約131万件

・対前年比0.7%減となり、 4年ぶりに減少した

土地の利用動向(土地白書)

・平成29年における国土面積は、 約3,780万 ha

・国土面積のうち、森林と農地が8割を占めている

宅地等の面積(土地白書)

・宅地は約195万ha

宅建業者数等(国土交通白書)

・宅建業者数は、平成29年末において123,782業者であり、 4年連続で増加している

 

Tweetよろしくお願いします!