宅地建物取引士 試験 問題 クイズ 宅建試験 1問1答 民法

こんにちは。きりんです。

こちらは宅地建物取引士試験・問題・クイズページです。

こちらの問題は試験までに試験対策+αに

 

・ほっと1息入れる

・1日5問

     解いていくことができます。

1問1答は解答力UPに有効です。

たとえば、検索すると、参考ページが閲覧できます。

 

・5問を超える場合があります。
なぜなら単元は13問を超える場合があります。

たとえば、13問→6問・7問などです。

 

・民法

・法令上の制限・都市計画法・建築基準法・国土利用計画法・農地法・宅地造成規制法・土地区画整理法・許可と届け出 宅建(宅地建物取引士)試験 クイズ 1問1答

・宅建業法・作成中です

・5問免除科目・作成中です

まで〇✕形式で出題します。

 

 

参照:

 

 
 

民法

 

意思無能力者と制限行為能力者に関する問題

 

・宅建 民法 クイズ  意思無能力者と制限行為能力者No.1
 

民法No.1 

制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.1 
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・宅建 民法 クイズ  意思無能力者と制限行為能力者No.2

民法No.2

制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.2
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・宅建 民法 クイズ  意思無能力者と制限行為能力者No.3
 

民法No.3

制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.3
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・宅建 民法 クイズ  意思無能力者と制限行為能力者 No.4
 

民法No4.

制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
制限行為能力者等に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
民法No4.
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
 
 
 
 
意思表示に関する1問1答
 
 
・宅建 民法 クイズ  意思表示 (心裡留保・虚偽表示・錯誤) No.1
 

民法No5.

A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結 し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結 し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結 し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結 し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結 し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
民法No5.
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}

 

 
・宅建 民法 クイズ  意思表示  (心裡留保・虚偽表示・錯誤) No.2 
 

民法No.6

A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.6
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
・宅建 民法 クイズ  意思表示 (心裡留保・虚偽表示・錯誤) No.3
 

民法No.7

A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.7
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・宅建 民法 クイズ  意思表示  心裡留保・虚偽表示・錯誤 / 詐欺・強迫 No.4 
 

民法No.8  

A所有の甲土地につき、AがBに売却し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AがBに売却し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約を締結し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AがBに売却し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.8  
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・宅建 民法 クイズ                                                                              詐欺・強迫 No.1 
 

民法No.9

A所有の甲土地につき、AがBに売却し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
A所有の甲土地につき、AがBに売却し、BがCに転売した場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.9
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
 
 
 
代理・無権代理・表見代理に関する1問1答 クイズ
 
 
 
・民法の規定及び判例 代理に関する次の記述 No1.  代理  代理人の資格、復代理等 宅建 宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No10.

代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
民法No10.
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}

 

・民法の規定及び判例 代理に関する次の記述 No2. 代理  代理人の資格、復代理等 宅建 宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.11

代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.11
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法の規定及び判例 代理に関する次の記述 No3. 代理  代理人の資格、復代理等 宅建 宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.12

代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.12
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法の規定及び判例 代理に関する次の記述 No4. 代理   復代理・無権代理    宅建 宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.13

Aが、Bの代理人としてB所有の土地をCに売却する契約を締結した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。 なお、Bは、Aに代理権を与えたことはなく、かつ、代理権を与えた旨の表示をしたこともないこととする。
代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
Aが、Bの代理人としてB所有の土地をCに売却する契約を締結した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。 なお、Bは、Aに代理権を与えたことはなく、かつ、代理権を与えた旨の表示をしたこともないこととする。
Aが、Bの代理人としてB所有の土地をCに売却する契約を締結した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。 なお、Bは、Aに代理権を与えたことはなく、かつ、代理権を与えた旨の表示をしたこともないこととする。
民法No.13
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法の規定及び判例 代理に関する次の記述 No5. 代理      無権代理  宅建 宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 
 

民法No.14

Aが、Bの代理人としてB所有の土地をCに売却する契約を締結した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。 なお、Bは、Aに代理権を与えたことはなく、かつ、代理権を与えた旨の表示をしたこともないこととする。
Aが、Bの代理人としてB所有の土地をCに売却する契約を締結した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。 なお、Bは、Aに代理権を与えたことはなく、かつ、代理権を与えた旨の表示をしたこともないこととする。
Aが、Bの代理人としてB所有の土地をCに売却する契約を締結した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。 なお、Bは、Aに代理権を与えたことはなく、かつ、代理権を与えた旨の表示をしたこともないこととする。
Aが、Bの代理人としてB所有の土地をCに売却する契約を締結した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。 なお、Bは、Aに代理権を与えたことはなく、かつ、代理権を与えた旨の表示をしたこともないこととする。
民法No.14
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
・民法の規定及び判例 代理に関する次の記述 No6. 代理   無権代理1題 判例4題  宅建 宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.15

判例問題(追認 or 追認拒絶)
判例問題(追認 or 追認拒絶)
判例問題(追認 or 追認拒絶)
判例問題(追認 or 追認拒絶)
Aが、Bの代理人としてB所有の土地をCに売却する契約を締結した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。 なお、Bは、Aに代理権を与えたことはなく、かつ、代理権を与えた旨の表示をしたこともないこととする。
民法No.15
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法の規定及び判例 代理に関する次の記述 No7. 代理   表見代理6題  宅建 宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 
 

民法No.16

Aが、Bの代理人としてB所有の土地をCに完却等する契約を締結した場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
Aが、Bの代理人としてB所有の土地をCに完却等する契約を締結した場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
Aが、Bの代理人としてB所有の土地をCに完却等する契約を締結した場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
Aが、Bの代理人としてB所有の土地をCに完却等する契約を締結した場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
Aが、Bの代理人としてB所有の土地をCに完却等する契約を締結した場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
Aが、Bの代理人としてB所有の土地をCに完却等する契約を締結した場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.16
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
 
 
 
 
契約(停止条件付・同時履行の抗弁権・債務不履行・解除・手付)に関する出題
 
 
 
・民法の規定及び判例  停止条件付法律行為 No1.  6題  宅建 宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 
 

民法No.17

次の記述のうち、民法の規定によれは、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれは、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれは、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれは、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれは、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれは、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.17
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}

 

・民法の規定及び判例  同時履行の抗弁権 No1.  7題  宅建 宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.18

次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.18
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法の規定及び判例   債務不履行責任 No1.  5題  宅建 宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.19

次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものにはO、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.19
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法の規定及び判例       解除  No1.  5題  宅建 宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 
 

民法No.20

AはBに甲建物を売却し、AからBに対する所有権の移転登記がなされた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには×をつけなさい。
AはBに甲建物を売却し、AからBに対する所有権の移転登記がなされた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇 、誤っているものには×をつけなさい。
AはBに甲建物を売却し、AからBに対する所有権の移転登記がなされた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには×をつけなさい。
AはBに甲建物を売却し、AからBに対する所有権の移転登記がなされた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには×をつけなさい。
AはBに甲建物を売却し、AからBに対する所有権の移転登記がなされた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇 、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.20
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法                     契約  手付                  No.1  6題  宅建   宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.21

AがBの所有する建物を購入(売買契約)する際に、手付を交付した場合、次の記述うち民法の規定によれば、 正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。(なお、この手付は解約手付である旨約定している。)
AがBの所有する建物を購入(売買契約)する際に、手付を交付した場合、次の記述うち民法の規定によれば、 正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。(なお、この手付は解約手付である旨約定している。)
AがBの所有する建物を購入(売買契約)する際に、手付を交付した場合、次の記述うち民法の規定によれば、 正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。(なお、この手付は解約手付である旨約定している。)
AがBの所有する建物を購入(売買契約)する際に、手付を交付した場合、次の記述うち民法の規定によれば、 正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。(なお、この手付は解約手付である旨約定している。)
AがBの所有する建物を購入(売買契約)する際に、手付を交付した場合、次の記述うち民法の規定によれば、 正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。(なお、この手付は解約手付である旨約定している。)
AがBの所有する建物を購入(売買契約)する際に、手付を交付した場合、次の記述うち民法の規定によれば、 正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。(なお、この手付は解約手付である旨約定している。)
民法No.21
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
 
 
 
 
契約(売買・契約不適合責任・贈与契約・委任契約・請負契約・債権譲渡・債権の消滅分野)に関する出題
 
 
・民法      売買 (権利移転義務の不履行に関する売主の責任) No.1 10題  宅建 宅地建物取引士 試験対策  クイズ
 

民法No.22

AがBに対し土地又は建物を売り渡し、所有権の移転登記を行った場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、建物の引渡しは代金の支払い時に行う旨の約定があるものとする。
AがBに対し土地又は建物を売り渡し、所有権の移転登記を行った場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、建物の引渡しは代金の支払い時に行う旨の約定があるものとする。
AがBに対し土地又は建物を売り渡し、所有権の移転登記を行った場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、建物の引渡しは代金の支払い時に行う旨の約定があるものとする。
AがBに対し土地又は建物を売り渡し、所有権の移転登記を行った場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、建物の引渡しは代金の支払い時に行う旨の約定があるものとする。
AがBに対し土地又は建物を売り渡し、所有権の移転登記を行った場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、建物の引渡しは代金の支払い時に行う旨の約定があるものとする。
AがBに対し土地又は建物を売り渡し、所有権の移転登記を行った場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、建物の引渡しは代金の支払い時に行う旨の約定があるものとする。
AがBに対し土地又は建物を売り渡し、所有権の移転登記を行った場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、建物の引渡しは代金の支払い時に行う旨の約定があるものとする。
AがBに対し土地又は建物を売り渡し、所有権の移転登記を行った場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、建物の引渡しは代金の支払い時に行う旨の約定があるものとする。
AがBに対し土地又は建物を売り渡し、所有権の移転登記を行った場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、建物の引渡しは代金の支払い時に行う旨の約定があるものとする。
AがBに対し土地又は建物を売り渡し、所有権の移転登記を行った場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、建物の引渡しは代金の支払い時に行う旨の約定があるものとする。
民法No.22
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}

 

 
・民法                契約不適合責任  No.1   11題    宅建 宅地建物取引士 試験対策   クイズ
 

民法No.23

売主AからBが不動産(建物又は土地)を購入した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、ABは宅地建物取引業者ではなく、また、特約はないものとする。
売主AからBが不動産(建物又は土地)を購入した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、ABは宅地建物取引業者ではなく、また、特約はないものとする。
売主AからBが不動産(建物又は土地)を購入した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、ABは宅地建物取引業者ではなく、また、特約はないものとする。
売主AからBが不動産(建物又は土地)を購入した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、ABは宅地建物取引業者ではなく、また、特約はないものとする。
売主AからBが不動産(建物又は土地)を購入した場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。なお、ABは宅地建物取引業者ではなく、また、特約はないものとする。
民法No.23
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
民法                贈与契約  No.1      5題  宅建   宅地建物取引士 試験対策   クイズ
 

民法No.24

次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.24
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
  
・民法            委任契約  No.1        12題   宅建   宅地建物取引士 試験対策    クイズ
 
 

民法No.25

委任に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
委任に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
委任に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
委任に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
委任に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
委任に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
委任に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
委任に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
委任に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
委任に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
委任に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
委任に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
民法No.25
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法            請負契約 No.1   5問    宅建       宅地建物取引士     試験対策    クイズ
 

民法No.26

請負契約により、注文者Aが請負人Bに建物を建築させた場合の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには×をつけなさい。
請負契約により、注文者Aが請負人Bに建物を建築させた場合の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには×をつけなさい。 なお、担保責任に関する特約はないものとする。
請負契約により、注文者Aが請負人Bに建物を建築させた場合の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには×をつけなさい。 なお、担保責任に関する特約はないものとする。
請負契約により、注文者Aが請負人Bに建物を建築させた場合の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには×をつけなさい。 なお、担保責任に関する特約はないものとする。
請負契約により、注文者Aが請負人Bに建物を建築させた場合の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには×をつけなさい。 なお、担保責任に関する特約はないものとする。
民法No.26
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法          債権 債権譲渡       12題       1問1答  宅建  宅地建物取引士  試験対策    クイズ
 
 

民法No.27

Aが、Bに対して有する1,000万円の金銭債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Bに対して有する1,000万円の金銭債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Bに対して有する1,000万円の金銭債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Bに対して有する1,000万円の金銭債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Bに対して有する1,000万円の金銭債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Bに対して有する1,000万円の金銭債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Bに対して有する1,000万円の金銭債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Bに対して有する1,000万円の金銭債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Bに対して有する1,000万円の金銭債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Bに対して有する1,000万円の金銭債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Bに対して有する1,000万円の金銭債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Bに対して有する1,000万円の金銭債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
民法No.27
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法 債権 債権の消滅(弁済・代物弁済等)  13題  宅建 宅地建物取引士 試験対策  クイズ
 

民法No.28

弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 
弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 
弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 
弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 
弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 
弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 
弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 
弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 
弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 
弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 
弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 
弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 
弁済に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 
民法No.28
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法 債 権  債権の消滅(相殺) 5問 1問1答 宅建 宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 
 

民法No.29

AとBが同種の債権を有している場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
AとBが同種の債権を有している場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
AとBが同種の債権を有している場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
AとBが同種の債権を有している場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
AとBが同種の債権を有している場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
民法No.29
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
 
 
 
担保制度(保証・連帯保証・連帯債務・所有権(相隣関係)・共有・抵当権・抵当権消滅請求・根抵当権・留置権・先取特権・質権)
 
 
・民法       担保制度No.1          保証・連帯保証  14題  宅建 宅地建物取引士 クイズ
 

民法No.30

Aが、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した場合、次の記述のうち民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した場合、次の記述のうち民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した場合、次の記述のうち民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した場合、次の記述のうち民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した場合、次の記述のうち民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した場合、次の記述のうち民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した場合、次の記述のうち民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した場合、次の記述のうち民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した場合、次の記述のうち民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した場合、次の記述のうち民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した場合、次の記述のうち民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した場合、次の記述のうち民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した場合、次の記述のうち民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
Aが、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した場合、次の記述のうち民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
民法No.30
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法     担保制度No.2 連帯債務       8題   1問1答 宅建    宅地建物取引士 クイズ

民法No.31

AとBとが共同して、 Cから、 B所有の土地を 2,000万円で購入し、代金を連帯して負担する(連帯債務)と定めた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには 〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、Bの割合は均一とする。
AとBとが共同して、 Cから、 B所有の土地を 2,000万円で購入し、代金を連帯して負担する(連帯債務)と定めた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには 〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、Bの割合は均一とする。
AとBとが共同して、 Cから、 B所有の土地を 2,000万円で購入し、代金を連帯して負担する(連帯債務)と定めた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには 〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、Bの割合は均一とする。
AとBとが共同して、 Cから、 B所有の土地を 2,000万円で購入し、代金を連帯して負担する(連帯債務)と定めた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには 〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、Bの割合は均一とする。
AとBとが共同して、 Cから、 B所有の土地を 2,000万円で購入し、代金を連帯して負担する(連帯債務)と定めた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには 〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、Bの割合は均一とする。
AとBとが共同して、 Cから、 B所有の土地を 2,000万円で購入し、代金を連帯して負担する(連帯債務)と定めた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには 〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、Bの割合は均一とする。
AとBとが共同して、 Cから、 B所有の土地を 2,000万円で購入し、代金を連帯して負担する(連帯債務)と定めた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには 〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、Bの割合は均一とする。
AとBとが共同して、 Cから、 B所有の土地を 2,000万円で購入し、代金を連帯して負担する(連帯債務)と定めた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには 〇、 誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、Bの割合は均一とする。
民法No.31
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
 
・民法      担保制度 No.3 連帯債務   事例問題 4題 1問1答  宅建  宅地建物取引士 試験対策  クイズ
 

民法No.32

AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して1,000万円を借り入れる場合と、DからEが1,000万円を借り入れ、 Fがその借入金返済債務についてEと連帯して保証する場合とに関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して1,000万円を借り入れる場合と、DからEが1,000万円を借り入れ、 Fがその借入金返済債務についてEと連帯して保証する場合とに関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して1,000万円を借り入れる場合と、DからEが1,000万円を借り入れ、 Fがその借入金返済債務についてEと連帯して保証する場合とに関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して1,000万円を借り入れる場合と、DからEが1,000万円を借り入れ、 Fがその借入金返済債務についてEと連帯して保証する場合とに関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.32
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法 担保制度No.4  ・物権  所有権(相隣関係) 1問1答 7問 宅建 宅地建物取引士 クイズ
 

民法No.33

次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには 〇、誤っているものには✕をつけなさい。
民法No.33
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法  担保制度No.5 ・物権 共有7問                宅建 宅地建物取引士 クイズ
 

民法No.34

A、B、Cが建物を共有している場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、B、Cの持分は均一(=各自3分の1)であるとする。
A、B、Cが建物を共有している場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、B、Cの持分は均一(=各自3分の1)であるとする。
A、B、Cが建物を共有している場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、B、Cの持分は均一(=各自3分の1)であるとする。
A、B、Cが建物を共有している場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、B、Cの持分は均一(=各自3分の1)であるとする。
A、B、Cが建物を共有している場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、B、Cの持分は均一(=各自3分の1)であるとする。
A、B、Cが建物を共有している場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、B、Cの持分は均一(=各自3分の1)であるとする。
A、B、Cが建物を共有している場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。 なお、A、B、Cの持分は均一(=各自3分の1)であるとする。
民法No.34
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法 抵当権の性質  担保制度No.6 ・物権  6題 抵当権 (一般的事項) 抵当権の性質 宅建  宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.35

抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば正しいものには 〇 、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば正しいものには 〇 、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば正しいものには 〇 、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば正しいものには 〇 、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば正しいものには 〇 、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば正しいものには 〇 、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.35
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法   抵当権の効力の範囲など  担保制度No.7・物権 5題 抵当権 (一般的事項) 抵当権の性質 (No.2)宅建  宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.36

抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば正しいものには 〇 、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば正しいものには 〇 、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば正しいものには 〇 、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば正しいものには 〇 、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば正しいものには 〇 、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.36
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法  抵当権の効力の範囲など   担保制度No.8 ・物権 抵当権 3題 (一般的事項) 抵当権の性質 宅建  宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.37

抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば正しいものには 〇 、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば正しいものには 〇 、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば正しいものには 〇 、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.37
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
 
・民法  担保制度No.9 ・物権 5題 抵当権(一括競売・法定地上権) 宅建  宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.38

抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.38
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法 担保制度No.10 ・物権  6題 抵当権消滅請求・賃借人の保護等 宅建  宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.39

抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
抵当権に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.39
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法  担保制度No.11 ・物権 6題   ①根抵当権   根抵当権とは? 宅建  宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.40

根抵当に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
根抵当に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
根抵当に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
根抵当に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
根抵当に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
根抵当に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.40
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法 担保制度No.12 ・物権 7題   ②根抵当権 極度額等の変更 普通抵当と根抵当 宅建  宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.41

根抵当に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
根抵当に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
根抵当に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
根抵当に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
根抵当に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
根抵当に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
根抵当に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。
民法No.41
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法 担保制度No.13 ・物権 6題 その他の担保物権  留置権 宅建  宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法 担保物権

次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
民法 担保物権
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法  担保制度 No.14 ・物権4題 その他の担保物権 先取特権 宅建  宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 

民法No.43

次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
民法No.43
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法 担保制度No.15 ・物権 3題  その他の担保物権  質権 宅建  宅地建物取引士 試験対策 クイズ
 
 

民法No.45

次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさい。
民法No.45
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
 
不法行為(一般的不法行為・共同不法行為・工作物の設置/事例問題・使用者責任/基本事例・使用者責任/応用事例)
 
 
・民法 不法行為 No.1(一般的不法行為・共同不法行為) 6題 宅建(宅地建物取引士試験)クイズ
 

民法No.46

AがBに対して不法行為をした場合の損害賠償に関する次のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものは×をつけなさい。
AがBに対して不法行為をした場合の損害賠償に関する次のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものは×をつけなさい。
AがBに対して不法行為をした場合の損害賠償に関する次のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものは×をつけなさい。
AがBに対して不法行為をした場合の損害賠償に関する次のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものは×をつけなさい。
AがBに対して不法行為をした場合の損害賠償に関する次のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものは×をつけなさい。
AがBに対して不法行為をした場合の損害賠償に関する次のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものにはO、誤っているものは×をつけなさい。
民法No.46
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}
 
・民法 不法行為 No.2 工作物の設置(事例問題)    5題 宅建(宅地建物取引士試験)クイズ
 

民法No.47

AがBとの請負契約によりBに建物を建築させて所有者となり、その後Cに売却した。Cはこの建物をDに賃貸し、Dが占有していたところ、建築の際におけるBの過失により生じた瑕疵により、外壁の一部が剥離して落下し、通行人Eが重傷を負った。 この場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
AがBとの請負契約によりBに建物を建築させて所有者となり、その後Cに売却した。Cはこの建物をDに賃貸し、Dが占有していたところ、建築の際におけるBの過失により生じた瑕疵により、外壁の一部が剥離して落下し、通行人Eが重傷を負った。 この場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
AがBとの請負契約によりBに建物を建築させて所有者となり、その後Cに売却した。Cはこの建物をDに賃貸し、Dが占有していたところ、建築の際におけるBの過失により生じた瑕疵により、外壁の一部が剥離して落下し、通行人Eが重傷を負った。 この場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。
AがBとの請負契約によりBに建物を建築させて所有者となり、その後Cに売却した。Cはこの建物をDに賃貸し、Dが占有していたところ、建築の際におけるBの過失により生じた瑕疵により、外壁の一部が剥離して落下し、通行人Eが重傷を負った。 この場合、次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものには〇、誤っているものには×をつけなさい。