宅建業法 保証協会   宅地建物取引士 試験対策 資格の大原 直前模擬試験

宅建業法 保証協会   宅地建物取引士 試験対策      資格の大原   直前模擬試験

 

宅地建物取引業保証協会(以下この問「保証 において保証協会」という。)に 関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

 

1 保証協会に加入することは宅地建物取引業者の任意であるが、ーの保証協会の任員となった後に、重ねて他の保証協会の社員となることはできない

2 保証協会から還堂付充当金の納付の通知を受けた社員は、その通知を受けた日から2週間以内その通知された額の還付充当金を当該保証協会に納付しなければならない。

3 保証協会に加入しようとする宅地建物取引業者は、その加入の日から2週間以内に、弁済業務保証金分担金を当該保証協会に納付しなければならない。

4    保証協会、社員に対して債権を有する場合は、当該社員が社員の地位を失ったときでも、その債権に関し弁済が完了するまで弁済業務保証金分担金をその者に返還する必要はない。

正解3

1〇

2〇
3✕宅建業者で保証協会に加入しようとする者は、加入の日から2週間以内ではなく、「加入しようとする日まで」に、弁済業務保証金分担金を保証協会に納付しなければならない。
4〇 保証協会が社員であった者又は社員に対して債権を有するときは、その債権に関し弁済が完了した後に、弁済業務保証金分担金を返還することとされている。

 

前回の問題

宅建業法  監督処分及び罰則 宅建 宅地建物取引士 試験対策 資格の大原   直前模擬試験

                    次の問題

                 宅建業法   報酬額の制限  資格の大原   直前模擬試験

 

Tweetよろしくお願いします!