時効/取得時効/消滅時効/時効の更新等 宅建 民法 民法時効

宅地建物取引士 試験 

民法 

時効

 

 

          目次

        1.時効/取得時効の年数

        2.時効/消滅時効の要件

        3.時効の更新事由と完成猶予事由

 

 

 

 

 

 

時効 ①  取得時効

 

チェック項目

 取得時効が「成立する要件」と「年数」は?

 

民法の時効制度には、「取得時効」と「消滅時効」の2種類があります。

 

 

1. 取得時効

  取得時効とは、「一定の事実状態」が「一定の期間継続」することにより、一定の財産権を取得することをいいます。

① 取得時効は所有権だけでなく、地上権、地役権も一定の要件を満たせば取得することができます。

・ 判例では「賃借権」であっても、時効により取得できるとしている。

② 地役権を時効取得する場合、「継続的に行使され」かつ「外形上認識することができるもの」であることが要件となります。

 

 

 

2.   取得時効の成立するための要件

①  取得時効に必要な「3つ」の「占有」とは

取得時効は、 「所有の意思」をもって、「平穏」であり、かつ、 「公然」と他人のものを一定期間「占有」することが必要です。

(時効取得するためには、「3つの占有」が必要である)

・ 所有の意思を持った占有を、「自主占有」という。賃貸借契約に基づく賃借人のような「他主占有」は認められない。

② 取得時効に必要な年数

取得時効が「成立」するためには、上記①の占有だけでは成立しません。その状態を「一定期間継続」する必要があります。この期間は下記の「いずれか」 になります。

  1.   占有の始めが「善意無過失」の場合→10年が必要となる
  2.  占有の始めが「悪意」または「有過失」の場合→20年が必要となる

・善意か悪意かの判別は、下頁事例(2)のように「占有の始め」で判断する。

 

 

 

 

 

 

[試験の落とし穴]

 <占有は「間接占有」でもよい!>

 占有する者は、所有者自身が占有する「直接占有」だけではなく、賃借人などによる「間接占有」(=代理占有)の期間も算入することができる。

 

 

 

 

[取得時効の年数]

事例1.

 

  年数は前主の者の年数も加えられるが、善意・悪意も承継する

(8年間占有)   (7年間占有)    (6年間占有)

 A―――――――――→B―――――――――→C

悪意        善意無過失       善意

 |          ↳CがBのときより主張→10年必要→OK!

   ↳CがAのときより主張→悪意で20年必要→OK!

解説

①  10年、20年の年数は自己の占有期間だけではなく、前主の年数も加えることができる

② 前主A・Bの年数を加える場合には、A・Bの善意、 悪意なども引き継ぐことになる

 

 

 

 

 

 

 

[「占有の始め」で判断する]

事例2.

(6年間占有)       (5年間占有)

善意無過失              悪意

 A―――――――――→B = BがAのときより主張すると、 Bが悪意でも「10年」でよい

 

善意無過失

 A―――――――――→A    = Aは占有の始めが善意無過失で、途中から悪意に変わったとしても、「10年」でよい

    ↑_ 悪意(=知った)

 

解説

①  占有の始めで判断するのであるから、占有の始めが善意無過失であれば、次の承継人が悪意や有過失であっても善意無過失と判断する(=10年となる)

② 占有の始めが善意無過失であれば、後で悪意になっても、善意無過失と判断する(=10年となる)

 

 

 

 

 

 

時効  ② 消滅時効

 

チェック項目

消滅時効が成立する「要件」とは?

 

1. 消滅時効

「消滅時効」とは、「権利行使ができるにもかかわらず、一定期間権利を行使しない場合に認められる制度」です。 

①  消滅時効は一般の「債権」だけではなく、地上権や地役権なども消滅時効にかかります(使ってないのであれば消える)。

② 「所有権」は、その年数に関係なく、絶対に「消滅時効」にはかからない(問題文に所有権が消滅するという記述があれば誤り)。

 

2. 消滅時効の成立要件

消滅時効が成立する要件は、「権利行使ができるにもかかわらず」「一定期間権利を行使しない」ことです。 ここで問題となるのは、下記の「2点」です。

① 「権利行使ができるとき」とは「いつ」をいうのか?

起算日は「確定期限付債権」「不確定期限付債権」「期限の定めのない債権」によって異なります(下頁参照)。

       ↓

② 「一定期間権利」を行使しないこと(=期間の問題)  法改正

この期間は権利を行使できることを知った時から5年間、権利を行使できる時から10年間です。

 

 

 

 

3. 時効の利益の放棄

 時効の要件を満たしても、時効を主張しなければならないわけではありません。例えば消滅時効の場合、「自分は借金を支払う」というのであれば、それを法が妨げる理由はありません。これを「時効の利益の放棄」といいます。この内容については、下記の点に注意しましょう。

 

①  時効の利益を放棄できるのは、「時効完成後」のことであり、時効が完成する「前」にすることはできません。

 

②  時効完成した「後」に、その事実を「承認」したときは、時効の援用をすることはできなくなります(時効の利益の「喪失」という)。

 

 

 

 

 

[消滅時効の「起算日」と「年数」]

「起算日」

①   確定期限付債権の場合→期限到来のとき

10月8日に代金を支払うとした場合 →10月8日が起算日となる 。

②  不確定期限付債権の場合→期限到来のとき

父が死んだら代金を返済するとした場合 →父が死んだ日が起算日となる

 (履行遅滞との相違に注意・契約総論/契約の基本的事項/条件と期限/債務不履行/手付/損害賠償/危険負担)

③  期限の定めのない債権の場合→債権成立のとき

売買の目的物の引渡し時期を定めていない場合 →契約成立時が起算日となる

「年数」

・通常の債権・・・権利行使できることを知ってから5年間、権利行使できる時から11年間

 

・地上権・地役権等・・・権利行使できる時から20年間

・確定判決により確定した権利は、10年より短い時効期間であっても10年となる

 

              ↓

[消滅時効の流れ]

図1.

[権利行使できることを知った時] + [通常の債権・・・5年] + [・援用・放棄]

 

 

図1・時効を更新させる場合→通常の債権・・・5年        時効の更新と「完成猶予」事由まで移動

①  更新事由

・裁判上の請求(確定判決等)

・強制執行等

・承認

 ② 効果

それまで進行していた時効期間が新たに振り出しに戻る

 

 

 

 

図1・時効が完成した場合・・・放棄

時効が完成し、「援用」すれば時効の利益を受けることができる。

①   時効が完成し、援用するとその効果は起算日にさかのぼる。

②  時効期間満了後に「放棄」や債務負担を「承認」した場合、もはや援用することはできない。

 

 

 

 

 

 

時効 ③ 時効の更新等

 

 

チェック項目

 時効の「更新事由」と「効果」は?

 

 

1. 時効の援用

 時効の要件を満たしても、時効によって利益を受ける旨の意思表示をしなければなりません。これを「援用」といいます。

①  この「援用」がなければ、裁判所はそれに基づいて裁判をすることができません。

②  援用ができる者とは、時効完成により「直接利益」を受ける者をいい、「保証人」・「物上保証人」・「連帯債務者」・抵当不動産の「第三取得者」 などをいいます。

 

 

2. 時効の援用の効果

①   時効の援用をすれば、時効による効果が発生します。この時効の効果は「起算日」にさかのぼります(=時効が完成した時からではない)。

      ↓

② 「取得時効」の場合、その物は最初から時効取得者の物となります。 これを「原始取得」といい、たとえ時効取得した不動産に抵当権がついていても、その抵当権は消滅します(抵当権がつかない不動産を取得することになる)。

     ↓

③ 「消滅時効」の場合は、その債権は初めからなかったことになり、その結果、その時効期間中の利息も支払う必要はなくなります。

 

 

 

 

3. 時効の更新と「完成猶予」事由(下頁)

 時効が完成すると、元の権利者は最初からその権利がなかったことになります。これを阻止するためには、時効を「更新」させる必要があります。

 

 

①  「時効の更新」とは、一定期間継続している状態を「振出しに戻す」 ことをいいます。更新事由が「終了」した時より時効は「新たに進行」 します。

②  「時効の完成猶予」とは、時効期間の進行は止まりませんが、本来の時効期間が過ぎても、一定期間が経過するまでは、時効は完成しないという制度です。

 

 

 

 

 

 

 

 

[時効の更新事由と完成猶予事由]

時効は「下記の事由」により「更新」する

請求

 

裁判上

① 「裁判上の請求」「支払督促」「和解・調停の申立」

「破産手続きの参加など」

ポイント

・「裁判上」の請求の場合、時効完成が猶予されるが、訴えを提起しても、却下されたり、取り下げられた場合は更新したことにならない

・裁判が確定した時より新たに時効が進行する

承認

②「承認」とは、「債務があることを知っている」と認めたことである

ポイント

「利息だけ支払っておく」「一部だけ弁済する」などの行為は承認したことになり、時効は更新する

物上保証人が金銭債務の存在を承認しても、消滅時効は更新しない

時効を完成猶予する事由

仮差押え等

仮差押えや仮処分した場合、その事由が終了した時から6ヶ月経過するまでは、時効は完成しない

催告

催告した場合、催告してから6ヶ月を経過するまでは、時効は完成しない

 

 

 

                                     ↓

 

 

 

時効の更新と完成猶予

更新

 (裁判上の請求)   (時効)   (確定判決)

――――↑―――――――↑――――――↑―――――→

                     ↳新たに進行

・(時効) から(確定判決)まで時効は完成しない

 

 

 

完成猶予

 

 (裁判上の請求)  (時効)        (時効完成)

――――↑―――――――↑――――――↑―――――→

・(時効)から(時効完成)まで6か月時効は完成しない

 

 

 

宅建参考関連記事一覧

宅建業法 用語の定義 ①宅地建物取引業の定義

宅建無料模試 eラーニング 無料模試・宅地建物取引士問題

宅建  独立行政法人住宅金融支援機構 1.  宅建士模試

代理の基本的事項~表見代理 宅建 民法

住宅金融支援機構 機構の業務/証券化制度 宅地建物取引士 試験 免除科目

宅建 2010年度試験問題 民法改正 英訳 

宅建業法 宅地建物取引士 ① 死亡等の届出・届出期間/宅建業者と比較表

民法改正宅建 ここが変わった! 平成26年度(2014年度) 宅建試験

民法改正宅建 宅建試験平成28年度(2016年度)ここが変わった!

物権総則/共有/用益物権/ 宅建 民法

都市計画区域・準都市計画区域 1. 宅建 宅地建物取引士 試験対策 パーフェクト宅建

不動産鑑定評価基準 ①不動産とその価格 ~ ③ 地域分析と個別分析 宅建 

Tweetよろしくお願いします!