宅建 独立行政法人住宅金融支援機構 2. 直前模擬試験  資格の大原宅建模試

 

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

5問免除科目   独立行政法人住宅金融支援機構 宅地建物取引士 試験対策 資格の大原   直前模擬試験 

 

 

資格の大原宅建模試

独立行政法人住宅金融支援機構

 

 

 独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

 

1   機構は、あらかじめ貸付けを受けた者と一定の契約を締結し、その者が死亡した場合に支払われる生命保険金を当該貸付に係る債務の弁済に充てる団体信用生命保険を業務として行っている。

 

2  機構は、民間金融機関が貸し付けた住宅ローンについて、住宅融資保険を引き受けることにより、民間金融機関による住宅資金の供給を支援している。

 

3  機構は、災害予防代替建築物の建設又は購入に必要な資金の貸付けを行うほか、災害予防移転建築物の移転に必要な資金の貸付けも行う。

 

4  機構は、合理的土地利用建築物の建設に必要な資金の貸付けを行うことはできるが、当該合理的土地利用建築物の建設に付随する土地又は借地権の取得に必要な資金の貸付けを行うことはできない。

 

 

正解 4

1 〇

2 〇

3 〇

4 × 機構は、合理的土地利用建築物の建設に必要な資金の貸付けを行うとともに、当該合理的土地利用建築物の建設に付随する土地又は借地権の取得に必要な資金の貸付けを行うことができる。

 

 

参考・関連リンク

住宅金融支援機構 機構の業務/証券化制度 宅地建物取引士 試験 免除科目

 

前回の問題

5問免除 不動産鑑定評価基準 1.   宅建 宅地建物取引士 試験対策

 

                                                                     次の問題

                                                           ・5問免除 統計 宅建 宅地建物取引士  試験対策

 

 

Tweetよろしくお願いします!

 

宅建 過去問 平成29年度 一問一答 amazonkindle 出版

 

発売日:2021124日発売

 

宅建書籍はamazon kindle限定発売しています。

 

著者: きりん 

 

商品名: 宅建一問一答平成29年  

ブランド名: kirin inc

 


 

商品のメリット: 宅建資格を取得するにあたり過去問を解いたところ「解答を読んでもわかりにくい」2017(平成29年度)年、宅建過去問正解肢がわからない、わかりにくい場面に初学者の方でも役立ちそうな解説を混じえ1問1答形式で解説しています。

 

目次

1.  民法

2.  都市計画法

3.  宅建業法

4.  5問免除科目

宅建試験合格、受験対策の一助になれば幸いです。


 

 

アマゾンkindleunlimitedはこれまでに登録した事がないかたは30日間無料でお試しいただけます。

 

登録方法

アマゾンにメールアドレス、パスワードを登録。

 

→amazonkindleunlimitedはこちらから。

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/bookshelf

 

kindleアプリをインストールし連携。

 

もし連携が上手くいかない場合はアマゾンアカウントの2段階セキュリティを外す。

 

 

アマゾン電子書籍限定販売しています。