法令上の制限  許可と届出1. 直前模擬試験 資格の大原宅建模試

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

法令上の制限 法令上の制限   許可と届出1.  宅建 宅地建物取引士 試験対策 資格の大原   直前模擬試験

 

資格の大原宅建模試

 

   許可と届出

 

次の記述のうち、正しいものはどれか。

1  地すべり等防止法によれば、地すべり防止区域内において、地表水を放流し、又は停滞させる行為等をしようとする者は、原則として市町村長の許可を受けなければならない。

 

2  都市緑地法によれば、特別緑地保全地区内において建築物を新築する等の行為をしようとする者は、原則として都道府県知事(市の区域内にあっては、当該市の長)に届け出なければならない。

3  国土利用計画法によれば、事後届出に係る土地の利用目的について勧告を受けた場合において、その勧告を受けた者がその勧告に従わなかったときは、その旨及びその勧告の内容を公表されるとともに、罰則の適用がある。

 

4  森林法によれば、保安林において立木の伐採をしようとする者は、原則として都道府県知事の許可を受けなければならない。

 

正解 4

1✕    地すべり等防止法によれば、地すべり防止区域内において、地表水を放流し、又は停滞させる行為等をしようとする者原則として、「都道府県知事の許可」を受けなければならない。

2✕    都市緑地法によれば、特別緑地保全地区内において建築物を新築する等の行為をしようとする者は、原則として、「都道府県知事等の許可」を受けなければならない。

3✕ 「都道府県知事は、勧告を受けた者がその勧告に従わないときは、その旨及びその勧告の内容を公表することができる」とされているが、その勧告に従わないとしても、罰則の適用はない。

4〇

参考・関連リンク

その他の法令 ① 許可と届出

前回の問題

法令上の制限 土地区画整理法1.  宅建 宅地建物取引士 試験対策

                                           次の問題

                                          ・法令上の制限 地価公示法No. 1 宅建 宅地建物取引士試験対策 資格の大原直前模擬試験

 

Tweetよろしくお願いします!