宅建業法   媒介契約2. 直前模擬試験 資格の大原宅建模試

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

宅建業法 媒介契約 宅地建物取引士 試験対策 資格の大原   直前模擬試験

 

資格の大原宅建模試

 

媒介契約

 

宅地建物取引業者AがB所有の宅地の売却の依頼を受けBと媒介契約を締結した場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 1  AB間の媒介契約が一般媒介契約である場合、「Bが、A以外の宅地建物取引業者に重ねて売買の媒介を依頼する際は、Aに通知しなければならない」旨の定めをしたときは、その定めは無効となる。

2 AB間の媒介契約が専任媒介契約である場合、Aは、Bの申出に基づき「媒介契約の有効期間を100日とする」旨の定めをしたときは、当該有効期間は100日となる。

3 AB間の媒介契約が専任媒介契約である場合、「当該B所有の宅地についての売買すべき価額は指定流通機構への登録事項とはしない」旨の定めをしたときは、その定めは無効となる。

4  AB間の媒介契約が専任媒介契約である場合、Bが、他の宅地建物取引業者の媒介又は代理によって売買又は交換の契約を成立させたときの措置を定める必要はない。

 

正解 3

 1     一般媒介契約においては、重ねて媒介又は代理を依頼した他の宅建業者を明示する旨の特約をすることができる。従って、本肢の特約有効となる。

2 専任媒介契約の有効期間は、3月を超えることができず、これより長い期間を定めたときは、その期間は3月に短縮される。

3 専任媒介契約においては売買すべき価額その他一定事項を指定流通機構に登録しなければならずこれ反する特約無効となる。

4 専任媒介契約においては依頼他の宅建業者媒介又は代理によって売買又は交換の契約を成立さたとき措置を媒介契約記載事項として定めなければならない。

 

 

参考・関連リンク

宅建業法 媒介契約書 ①媒介契約の種類と一般的な規定媒介契約書 ② 媒介契約書の記載事項

 

前回の問題

宅建業法   免許3.宅建 宅地建物取引士 試験対策 

 

                                                     次の問題

                                                     ・宅建業法  営業保証金制度 1.宅建 宅地建物取引士 試験対策 

 

Tweetよろしくお願いします!