宅建 自ら売主制限 3.手付金  直前模擬試験 資格の大原宅建模試

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

宅建業法  自ら売主制限 宅地建物取引士 試験対策 資格の大原   直前模擬試験

 

資格の大原宅建模試

 

自ら売主制限

 

宅地建物取引業者 Aが自ら売主となって宅地の売買契約を締結した場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはいくつあるか。

 

ア   Bの所有地について、Aが、Bの代替地取得を停止条件としてBと売買契約を締結して、自ら売主となって宅地建物取引業者でないCと売買契約を締結した場合

 

イ   Dの所有地について、Aが、Dと売買契約又は予約契約を締結しないで、自ら売主となって宅地建物取引業者であるEと売買契約を締結した場合

 

ウ   Fの所有地について、Aが、Fと売買契約を締結し、その売買代金完済の前に、自ら売主となって宅地建物取引業者でないGと売買契約を締結した場合

1    一つ

2    二つ

3    三つ

4 なし

 

正解 2

 

ア 違反する    AB間の売買契約に停止条件が付されているため、Aは、自ら売主となる売買契約を宅建業者ではないCとの間で締結することはできない。

イ  違反しない   買主Eが宅建業者であるため、Aは、「自己の所有に属しない宅地又は建物の売買契約締結の制限」の適用を受けない。従って、Aは、 Dと契約を締結することなく、自ら売主となる売買契約を宅建業者であるEとの間で締結することができる。

ウ 違反しない      AF間で売買契約を締結しているため、Aは、売買代金完済前であっても、自ら売主となる売買契約を宅建業者ではないGとの間で締結することができる。

 

従って、宅建業法の規定に違反しないものは、「イ・ウ」の二つとなるため、選択肢「2」が正解となる。

 

 

参考・関連リンク

宅建業法 8種制限 自ら売主制限/他人物売買の制限/手付金・損害賠償額等の制限/手付金の保全措置/クーリングオフ/瑕疵担保/割賦販売・所有権留保

 

前回の問題

宅建業法 宅建 自ら売主制限 2.手付金  宅地建物取引士試験対策 

                                                    次の問題

                                                   ・宅建業法  宅地建物取引業法  免許 4.宅地建物取引士 試験対策 

 

体調に気を付けて

合格まで頑張ってください。

応援しています。

Tweetよろしくお願いします!

宅建通信講座ランキング17社 比較