宅建 独立行政法人住宅金融支援機構 3. 全国統一公開模試 資格の大原宅建模試

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

5問免除科目   独立行政法人住宅金融支援機構 宅地建物取引士 試験対策 資格の大原 全国統一公開模試

 

資格の大原宅建模試

 

      独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 機構は、災害予防関連工事に必要な資金又は地震に対する安全性の向上を主たる目的とする住宅の改良に必要な資金の貸付けを行うことができる。

2 機構は、貸付けを受けた者が景況の悪化や消費者物価の上昇により元利金の支払が困難になった場合には、元利金の支払の免除をすることができる。

3 機構は、マンションの共用部分の改良に必要な資金の貸付けを行うことができる。

4 機構は、子どもを育成する家庭又は高齢者の家庭に適した良好な居住性能及び居住環境を有する賃貸住宅の建設又は改良に必要な資金の貸付けを行うことができる。

 

正解 2

1 〇

2  ✕ 機構は、貸付けを受けた者に対し、景況の悪化や消費者物価の上昇により元利金の支払が困難になった場合において、元利金の支払を免除することができるという規定はない。

3 〇

4 〇

 

参考・関連リンク

住宅金融支援機構 機構の業務/直接融資 宅地建物取引士 試験 免除科目

 

前回の問題

5問免除  建物 1. 宅建 宅地建物取引士 試験対策

                                             次の問題

                                             ・5問免除  不当景品類及び 不当表示防止法 2. 宅建 宅地建物取引士 試験対策

 

体調に気を付けて

合格まで頑張ってください。

応援しています。

Tweetよろしくお願いします!

宅建通信講座ランキング17社 比較