宅建業法 宅建 35条書面 1. 直前模擬試験 資格の大原宅建模試

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

宅建業法  35条書面 宅地建物取引士 試験対策 資格の大原   直前模擬試験

 

資格の大原宅建模試

 

35条書面

 

 

宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、説明の相手方は宅地建物の取引業者ではないものとする。

1 宅地の売買の媒介において、当該宅地に係る移転登記の申請の予定時期については、買主に説明しなくてもよい。

2 宅地の売買の媒介において、当該宅地が宅地の造成に関する工事の完了前のものであるときは、その完了時における形状、構造並びに宅地に接する道路の構造及び幅員を買主に説明しなければならない。

3 建物の貸借の媒介において、当該建物が宅地造成等規制法第20条第1項により指定された造成宅地防災区域内にあるときは、その旨を借主に説明しなければならない。

4 建物の貸借の媒介において、当該建物について石綿が使用されていない旨の調査結果が記録されているときは、その旨を借主に説明しなくてもよい。

 

 

正解 4

1〇 移転登記の申請の時期は、契約書面(宅建業法第37条に規定する書面)には必ず記載しなければならないが、説明すべき重要事項には当たらない。

2〇 当該宅地が宅地の造成に関する工事の完了前のものであるときは、その完了時における構造並びに当該宅地に接する道路の構造及び幅員を説明しなければならない。

3〇 宅地又は建物の売買・交換・貸借の場合、当該宅地又は建物が宅地造成等規制法第20条第1項 により指定された造成宅地防災区域内にあるときは、その旨を説明しなければならない。

4✕ 建物の売買・交換・貸借の場合、当該建物について、石綿の使用の有無の調査の結果が記録されているときは、その内容を説明しなければならない。

 

参考・関連リンク

宅建業法 重要事項説明書①~④基本事項・売買・交換・貸借に関する事項・国土交通省令で定める事項・区分所有建物記載事項

 

前回の問題

宅建業法 宅建 37条書面 1.  宅地建物取引士 試験対策

                                                       次の問題

                                                       ・宅建業法 宅建 35条書面 2. 宅地建物取引士 試験対策 

体調に気を付けて

合格まで頑張ってください。

応援しています。

Tweetよろしくお願いします!

宅建通信講座ランキング17社 比較