TAC 「2021年度版わかって合格る宅建士 基本テキスト フルカラー」購入前に知っておくべき基本テキスト口コミ

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

TAC 「2021年度版わかって合格る宅建士 基本テキスト フルカラー」購入しました。

TAC 「2021年度版わかって合格る宅建士 基本テキスト フルカラー」購入前に知っておくべき基本テキスト口コミ (2)

2021年度版わかって合格る宅建士 基本テキスト フルカラー

 

書籍は書店やネットで購入できます。

 

本体価格は3,000円(税別)です。

 

「いったいどんな書籍なのか」紹介します。

わかりやすさに留意している

イラスト、図解、フルカラー、語呂合わせ、一問一答、文章がわかりやすいんですね。

 

出題年の記載は繰り返し問われる可能性がある過去問で出題された部分です。

 

 

 

① 過去問の分析を通じて、押さえるべき事項を絞り込みました。直近の2020年度(令和2年度)10月実施分を含む、12年間の本試験での出題事項にはアンダーラインを引き、出題年も記載しています。ここを拾っていけば、一気に重要な基本事項がマスターできます。

② 重要なキーワードや数字は、付属の赤シートを用いて暗記できます。

③ 必要に応じて「ケース(具体例)」を用いて説明しました。実践的な受験対策ができます。

④ 整理が必要な箇所は、簡略に図表化し、理解や記憶に必要な着眼点や整理のポイントを随所に繰り込みました。

⑤ 準備が不可欠な最近の改正ポイントは、「最近の改正」で明示しています。

もちろん、「民法大改正」にも、しっかり対応しています。

⑥ 仕上げとして「厳選過去問プレミアム50」、これをやれば完璧です。

⑦ 手軽で機動的な学習ができるように、4分冊構成としました。

 

 

 

 

(図略)

「免許取消処分を受けるとマズいから」という理由で、廃業の届出をして逃げた結果、本来なら免許を受けられない期間内に免許を受けようとするズルい奴のことです。

ここで注意が必要なのは、「業務停止処分」ではなく、「免許取消処分」の聴聞の期日および場所の公示日ということです。引っかけ問題が出題されますから、注意してください。

 

(図略)

例えば、宅建業者であるA社が、業務停止処分に違反したという理由で免許取消処分を受けた場合、A社の免許取消し当時に役員だったBさんが、自分で宅建業をやろうと思って免許を申請しても、免許は与えられません(次の出題される具体例参照)。

A社が相当の理由なく廃業届を出した場合のBさんも、同様です。

なお、ここでいう役員とは、取締役・執行役といった名称が付けられている者だけでなく、相談役、顧問その他いかなる名称を有する者であるかを問わず法人に対して取締役等と同等以上の支配力を有する者を指します。

2021年度版わかって合格る宅建士 基本テキスト

 

 


宅建資格取得までに参考書兼教科書としてもちいることができます。
TAC 「2021年度版わかって合格る宅建士 基本テキスト フルカラー」購入前に知っておくべき基本テキスト口コミ3
2021年度版わかって合格る宅建士 基本テキスト フルカラー
スポンサードサーチ