スタディング宅建士講座

こんにちは。きりん(@kirinnaccount)です。

 

人気講座にランクインしていますスタディング宅建士講座から掲載しています。

 

「スタディング宅建士講座」は無料登録しました。

 

どのように学んだらよいのか?

宅建士試験は、例年20万人を超える人たちが受験する有名な資格です。

 

多くの方々がチャレンジする試験だけあって、書店には様々なテキストや問題集が並び、試験対策の学校も全国に数多く存在します。

さらに、数え切れない位の通信講座が開校されています。

 

そして、これらのうちいずれかの方法をとることにより、毎年成績の上位15~18%の人たちが合格しています。

 

それでは、この上位15~18%に入るためには、上記のうち、どの方法をとるのが最適なのでしょうか?

 

答えは、「どんな方法も変わりはない」と言えます。

独学でも、通学講座でも、通信講座でも構わないのです。

 

 

合格に必要なことは?

 

ガイダンスでもお話していますが、宅建試験は、「試験に合格するために必要な情報のインプット・アウトプットの繰り返しを最後まで続けることができれば合格できる試験なのです。」

 

つまり、宅建試験は、定められた範囲の

 

インプット[テキストの内容の理解]

→アウトプット[理解した内容の確認(問題演習)→過去問題の演習]

 

ということを着実に最後まで繰り返していけば、絶対に合格できる試験なのです。

 

 

 

したがって、テキストにおいて試験で問われる内容を理解し、

理解した内容を用いて問題演習・過去問題の演習を行えば、

独学でも十分に合格できるんです。

 

 



 

 

合格が難しくなる理由とは?

 

しかし、なぜ、多くの方は、独学以上の通信講座や通学講座を活用しても

合格が難しいのでしょうか。

 

私が20年以上、宅建士試験の受験指導に携わり多くの受験生と接している中で、

共通して言えることは、「学習する時間がない」ということです。

 

仕事(アルバイト)や学業が忙しいので、勉強を続けることができないのが

現状であり、実際のところ、過去問題の検討を含めて勉強が終了している人は

受験者の3割にも満たないのではないかと思います。

 

つまり、最後まで過去問題練習まで終わっているのであれば、

相当の確率で合格できることになります。

 

いくら、有用な講義そしてコンテンツがあっても、

それを消化する学習時間がなければしょうがないのです。

 

 

 

合格のポイントは、スキマ時間の活用

 

そのため、忙しい受験生にとって、合格のポイントは時間の使い方といえます。

限られた時間の中で勉強するには、効率的に学んでインプットから

アウトプットまで終わらせることが必要だからです。

 

そこで、スタディング宅建士講座が提案する勉強スタイルは、まとまった時間に

まとめて勉強するのではなく、

日常のスキマ時間を使って、少しづつ学んでいく時間の使い方です。

通勤時間、移動時間、昼休み、待ち時間、就寝前後の時間などの

ちょっとした時間を積み上げていくことで、

忙しい方でも十分な勉強時間を確保することができると考えるからです。

 

 

スタディング宅建士講座の各講座は、スマートフォン、PC、タブレットで学べるため、これらのスキマ時間を活用して勉強することができます。

 

机に座って勉強する時間のない忙しい方でも、時間を有効に活用して

学んで頂けるのではないかと思います。

 

 

 

よく出るところをしっかり学ぶ

 

また、合格するためには、満点を狙う必要はありません。

宅建試験の合格点は、例年7割前後だからです。

出題範囲のすべてを完璧にこなそうとすると、ほとんど出題されないところに

余分な時間をかけることになっていまい、本来確実に押さえなければならない

知識を定着させることができなくなる恐れがあります。

 

そのため、スタディング宅建士講座では、近年の宅建試験を分析し、よく出るところ、得点しやすいところをしっかり学べるように構成しています。

 

各科目ごとの特徴、対策を講座の中でお伝えしておりますので、

合格に直結する勉強をして頂くことができます。

 

忙しい方にとって、無駄な時間を省いて効率的に学んで頂けるのではないかと思います。

 

 

 

 

さあ!学習を始めましょう

 

宅建試験は、過去問題練習まで、しっかり行うことができれば、

ゴールに近づくことができます。やるべきことをしっかり学べば、

合格することができる試験なのです。

 

さあ!学習を始めましょう。

 

 

まとめ

スタディング宅建士講座から掲載しました。

 

宅建士試験合格のため、忙しい方にとって、無駄な時間を省いて効率的に学んで頂ける講座です。

 

→スタディング宅建士講座動画視聴はこちらです。

 



 

 

 

宅建参考関連記事一覧

 

国土利用計画法宅建①届出が必要な「土地取引」  宅地建物取引士 試験対策

宅建業者 ③免許の欠格要件(その2) 宅地建物取引士 試験

宅地建物取引士 ③ 登録の欠格要件

 

宅建資格おすすめ講座・模試一覧

Tweetよろしくお願いします!