【チェックリスト】「人間関係のストレス」を改善させる方法【宅建受験編】悩み改善1.

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

「人間関係のストレス」を改善させる方法【宅建受験編】を紹介します。

 

会社などで働いていると、人間関係というものが必ず存在します。

 

そして、人間関係によってストレスがたまったり自分はダメなんだというネガティブな感情を抱いたりしてしまうことも少なくありません。

 

でも、生活していくためには人間関係でストレスがたまっても働かなければなりませんよね。

 

なので、少しでもストレスを軽減することが大切です。

 

ということで今回は、人間関係のストレスを改善させる方法についてまとめてみることにしましたので、興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

◇自分はダメな人間だと感じてしまうときは品位を大切にする

 

特に失敗したときなどに、「あんなことはするんじゃなかった…」などと後悔してしまうこと、ありませんか。

 

 

その事実は消すことができないし、そのときの「やってしまった!」という苦痛を消すこともできない。

 

でも、その過去に起こった出来事を、良い出来事とか悪い出来事と決める必要はないです。

 

それよりも、過去に起こった出来事を将来の自分にプラスになるように考えることが大切っていうこと。


 

・劣等感を感じてしまう場合は、自分自身の品位を大事に

 

・自分自身を大切にして自分自身に敬意を払うように

 

・そして、品位を落とさないように生活すれば自尊心が生じるから、偽らないそのままの自分を受けとめやすくなって楽になるはずです。

 


 

 

 

◇どのような仕事も違いはないと考える

 

アドラーは、宰相と専業主婦は職業として差がないというようなことを言っていますね。

 

みんが各役割を分け合って担当しているだけです。

 

そう考えたら人間関係のストレスも少なくなりますね。

 

すべての仕事は分業で成立するっていうことだからですね。

 

もちろん社会も同じことですね。

 

だから、なくなってもかまわない仕事はゼロです。

 

みんなが自分の役割をきちんとこなして協力し合って仕事をしているということだね。

 

わたしはこのことを知って気持ちが軽くなりました。

 

 

 

◇困難な状況をポジティブに受け入れるように心がける

仕事をしているときには、必ず取り組むのが難しい状況に遭遇してしまうことがありませんか。

 

でも、そんなときにポジティブにその状況を受け入れるように心がければ、ストレスが溜まりにくくなります。

 

もちろん、自分ができることは一生懸命にすることは必要不可欠ですけどね。

 

そして状況がより良くなることを目標とすることも大事ですね。

 

そうすれば、自然に良い方向に進み始めます。

 

このように取り組むのを難しいと感じる人もいるかもしれないし「できそう!」という人もいるかもしれません。

 

でも、気持ちの持ちようだから損をすることはないので、難しいなと感じた人もぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

◇仕事場での人間関係は信用が必要だけど信頼はなくてもOK

 

仕事の関係は信用で交友の関係は信頼だと、心理学者のアドラーが言っているのを見ました。

 

仕事となるとどうしても損得が関係した上での関係になってしまいますね。

 

 

それに対して友達関係は、単純に相手に好意があるから友達になるんですね。

 

だから、仕事をするときは信頼がなくても大丈夫ということなんですね。

 

つまり、仕事は各役割をこなして一緒に協力していかなければならないから、信頼はなくても信用すればうまくいくってことではないでしょうか。

 

 

 

人間関係のストレスを改善させる方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

品位のある行動を意識して自分自身を受け入れるようにするというのは、「なるほどね!」と思いますよね。

 

また、困難な状況を楽観的に受けとめて前向きに取り組んでいくというのも納得できますね。

 

すぐにストレスを改善するのは難しいかもしれませんが、上記のことを意識しながら職場に行くようにすれば少しづつストレスが改善していくと思うので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

スポンサードサーチ