宅建過去問解答解説令和3年12月試験(2021年試験) 問50

宅建過去問令和3年12月試験 問50解説

【問 50】 建物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1 組積式構造は、耐震性は劣るものの、熱、音などを遮断する性能が優れている。
2 組積式構造を耐震的な構造にするためには、大きな開口部を造ることを避け、壁厚を大きくする必要がある。
3 補強コンクリートブロック造は、壁式構造の一種であり、コンクリートブロック造を鉄筋コンクリートで耐震的に補強改良したものである。
4 補強コンクリートブロック造は、壁量を多く必要とはせず、住宅等の小規模の建物には使用されていない。

 

正解 4

問50 令和3年12月試験 建物

 

1 〇 正しい

問題

組積式構造は、耐震性は劣るものの、熱、音などを遮断する性能が優れている。

解説

たとえば、「そせきしきこうぞう」はレンガを積み上げた建物をさします。耐震性は劣ります。

 

2 〇 正しい

問題
組積式構造を耐震的な構造にするためには、大きな開口部を造ることを避け、壁厚を大きくする必要がある。

解説

住宅における開口部とは、壁や床、天井や屋根、出入り口をいいます。外気に開放された部分です。耐震構造は柱や梁、壁のちからで地震の破壊からのがれます。

 

3 〇 正しい

問題

補強コンクリートブロック造は、壁式構造の一種であり、コンクリートブロック造を鉄筋コンクリートで耐震的に補強改良したものである。

解説

コンクリートブロックを積み上げ、鉄筋で補強する工法です。

 

 

4 ✕ 誤り

問題

補強コンクリートブロック造は、壁量を多く必要とはせず、住宅等の小規模の建物には使用されていない。

解説

空洞を持つコンクリートを積み上げ、空洞に鉄筋をあてこみます。用途は広く、
コンクリートブロック造は小規模住宅もみられます。

正解は4です。

耐震構造が問われました。制振構造は制振バー、免震構造は積層ゴムです。

 

\宅建民法ならびかえクイズ完全無料!これで弱点克服/

宅建並び替えクイズ|登録不要です 【宅建過去問対応】

令和3年12月宅建試験 正解一覧

問題No.解答解説難易度重要度
問1民法 自力救済(判決文)
問2相隣関係
問3成年後見人
問4売買契約
問5無権代理
問6登記と対抗要件
問7遺言の方法
問8手付金
問9売買契約と賃貸借契約
問10抵当権設定登記
問11借地法
問12借家法
問13区分所有法
問14登記法
問15都市計画法
問16開発許可の届出
問17建築基準法
問18同上
問19宅地造成規制法
問20土地区画整理法
問21農地法
問22国土利用計画法
問23登録免許税
問24固定資産税
問25地価公示法
問26宅地建物取引業法 37条書面
問27手付金
問28監督処分
問29免許
問30広告
問31報酬
問3235条書面
問33媒介契約
問34業法の規定
問35重要事項説明
問36免許
問37登録
問38媒介業務
問39保証協会
問4037条書面
問41宅建業者
問4237条書面(既存建物)
問43クーリング・オフ
問44重要事項説明書
問45特定住宅瑕疵担保責任
問46独立行政法人住宅金融支援機構
問47景品表示法
問48統計
問49土地
問50建物

 

スポンサードサーチ