宅建過去問解答解説令和3年12月試験(2021年試験) 問27

宅建過去問令和3年12月試験 問27解説

【問 27】 宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者ではないBとの間で建物の売買契約を締結する場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。
1 AB間で建物の売買契約を締結する場合において、当事者の債務の不履行を理由とする契約の解除に伴う損害賠償の額についての特約を、代金の額の10分の2を超えて定めた場合、当該特約は全体として無効となる。
2 AB間で建築工事完了前の建物の売買契約を締結する場合において、AがBから保全措置が必要となる額の手付金を受領する場合、Aは、事前に、国土交通大臣が指定する指定保管期間と手付金等寄託契約を締結し、かつ、当該契約を証する書面を買主に交付した後でなければ、Bからその手付金を受領することができない。
3 AB間で建物の売買契約を締結する場合において、Aは、あらかじめBの承諾を書面で得た場合に限り、売買代金の額の10分の2を超える額の手付金を受領することができる。
4 AB間で建築工事完了前の建物の売買契約を締結する場合において、売買代金の10分の2の額を手付金として定めた場合、Aが手付金の保全措置を講じてないときは、Bは手付金の支払を拒否することができる。

 

正解 4

問27 令和3年12月試験 手付金

 

1 ✕ 誤り

問題

AB間で建物の売買契約を締結する場合において、当事者の債務の不履行を理由とする契約の解除に伴う損害賠償の額についての特約を、代金の額の10分の2を超えて定めた場合、当該特約は全体として無効となる。

解説

損害賠償の額は2/10を超えることができません。
超える部分は無効となります。
(宅地建物取引業法38条1項、2項)

 

2 ✕ 誤り

問題
AB間で建築工事完了前の建物の売買契約を締結する場合において、AがBから保全措置が必要となる額の手付金を受領する場合、Aは、事前に、国土交通大臣が指定する指定保管機関と手付金等寄託契約を締結し、かつ、当該契約を証する書面を買主に交付した後でなければ、Bからその手付金を受領することができない。

解説

未完成物件は代金の5%以下かつ1,000万円以下であれば保全措置が不要です。
同じく完成物件は代金の10%以下かつ1,000万円以下と定められています。(宅建業法41条の2第1項ただし書)

 

3 ✕ 誤り

問題

AB間で建物の売買契約を締結する場合において、Aは、あらかじめBの承諾を書面で得た場合に限り、売買代金の額の10分の2を超える額の手付金を受領することができる。

解説

宅建業者同士ではない宅地又は建物の売買をするときは代金の20%を超える手付金を受領することができません。(宅建業法39条1項)

 

4 〇 正しい

問題

AB間で建築工事完了前の建物の売買契約を締結する場合において、売買代金の10分の2の額を手付金として定めた場合、Aが手付金の保全措置を講じてないときは、Bは手付金の支払を拒否することができる。

解説

保全措置として保証保険契約を締結する場合、「保険証券又はこれに代わるべき書面を買主に交付」しなければなりません。こちらの措置のあと手付金等を受領します。
(宅建業法41条1項2号)

正解は4です。

工事完了前後の手付金の違いを押さえておくと正解できる問題です。

 

\宅建民法ならびかえクイズ完全無料!これで弱点克服/

宅建並び替えクイズ|登録不要です 【宅建過去問対応】

令和3年12月宅建試験 正解一覧

問題No.解答解説難易度重要度
問1民法 自力救済(判決文)
問2相隣関係
問3成年後見人
問4売買契約
問5無権代理
問6登記と対抗要件
問7遺言の方法
問8手付金
問9売買契約と賃貸借契約
問10抵当権設定登記
問11借地法
問12借家法
問13区分所有法
問14登記法
問15都市計画法
問16開発許可の届出
問17建築基準法
問18同上
問19宅地造成規制法
問20土地区画整理法
問21農地法
問22国土利用計画法
問23登録免許税
問24固定資産税
問25地価公示法
問26宅地建物取引業法 37条書面
問27手付金
問28監督処分
問29免許
問30広告
問31報酬
問3235条書面
問33媒介契約
問34業法の規定
問35重要事項説明
問36免許
問37登録
問38媒介業務
問39保証協会
問4037条書面
問41宅建業者
問4237条書面(既存建物)
問43クーリング・オフ
問44重要事項説明書
問45特定住宅瑕疵担保責任
問46独立行政法人住宅金融支援機構
問47景品表示法
問48統計
問49土地
問50建物

 

スポンサードサーチ