きりんのプロフィール 

 

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

きりんプロフィール

[管理人:大西康弘]

 

このブログは、

 

・きりんの資格合格体験

・各種試験の合格法

 

などの資格情報をメインに、

色々な資格関連の豆知識も公開します!

ほかにも、

 

 

気になるカテゴリがあったら

ぜひ覗いてみてください。

 

 

■きりんの資格一覧

 

・日商簿記2級

・日商簿記3級

・宅地建物取引士

・建設業経理士2級

・電卓検定3級

・全経簿記1級

・英語検定2級(面接試験は受験して不合格)

・介護事務管理士

・甲種防火管理修了

・歯科技工士

 

これだけの資格に合格しているので、

試験のコツをつかんでいます。

 

この中でやや異色なのは「歯科技工士」かも?

次は、きりんの経歴についてです。

 

 

■むかしは「歯科技工士」だった?

 

きりんは、

『大阪歯科大学歯科技工士専門学校』を卒業しています。

すごく簡単に言うと、入れ歯を作る学校ですね。

 

その後は、

マウスピースを作る会社や入れ歯や銀歯を作る会社に就職し歯科技工士として働いていました。

 

この頃、仕事に英語が必要だと感じて英語検定の勉強を始めました。

 

その後、いったん会社を辞めて、フリーターをしながら改めて歯学部を受験し合格!

 

事情があって入学はしませんでしたが、歯学(歯科技工学)についての知識はあるのでブログでも少し綴っています。

 

 

そこで簿記の必要性を感じ日商簿記3級を取得。

 

このブログでは合格のために使った書籍や経験談なども紹介しています。

 

こうして色々な資格を取りつつ、現在はフリーランスとして働いています。

 

 

■フリーランスのきりんの仕事は?

 

フリーランスを目指そうと考えたとき、最初は漠然としたイメージだけでした。よくある話ですよね(^_^;)

 

・大きなホームページを作りたい

・オンラインで何かできないかな?

 

まずは会社の設立です。

届け出をした後、ホームページを作ろうと自分なりに頑張ったのですが、最終的には外注しました。

 

時間がないときは、プロに頼むのも一つの方法だと実感。そして今は、ワードプレスにて見よう見まねで自作しています。

 

現在は経営・経理・HP運営・+副業などがメインの仕事ですね。

 

余談になりますが、教師経験もあって、国公立大学を目指す方の家庭教師として数学を少し教えていました。

 

 

■近況と将来の夢

 

このブログでは、きりんが気になったことや様々な情報を載せていきたいです。

宅建資格については合格法をお伝えします。

 

資格について引用するときは公式ページ、各社ホームページからなるべく最新の情報を引用しています。宅建資格に必要な教材なども参考にしていただければ幸いです。

 

法人設立しました。会社名はLLC jammyです。

 

 

趣味はフィッシング。将来の夢は【大きなビルをたてること】。

 

写真は、表彰状です!

 

3

13

 

きりんのブログ  写真

なぜブログ「きりん」なのか?きりんは1.6mほどある大きな置物です。後になって調べたところ、きりんはお守りなど、縁起のよい動物だそうです。

きりんのブログ、気軽に読んでいってくださいね。

 

令和2年 宅建過去問100問 1問1答 Kindle版出版しました(Kindleunlimited対応しています)

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。


Kindleから一部抜粋

amazon kindle unkimited  宅建1問答令和2年

商品のメリット:

・ 書籍はスマホで読むことができます。

 

・ 基本問題を収録し、すぐに読了できます。

 

・ 過去問正解のオリジナル解説が読めます。


発売日:2021年3月4日発売

 

宅建書籍の発売場所:AmazonKindleです。

 

著者名: きりん(著)

ブランド:kirin

 

商品名: 宅建 100問 令和2年1問1答

商品紹介:

【問 35】 宅地建物取引業者A(甲県知事免許)の営業保証金に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。
3 Aは、営業保証金の還付により、営業保証金の額が政令で定める額に不足することとなったときは、甲県知事から不足額を供託すべき旨の通知書の送付を受けた日から2週間以内にその不足額を供託したければならない。
正解 33 正しい。不足額の供託→免許権者から通知 を受けてから2週間以内に供託する。宅建業者は、営業保証金の還付があったため、営業保証金が不足することとなったときは、免許を受けた国土交通大臣又は都道府県知事から不足額を供託すべき旨の通知書の送付を受けた日から2週間以内に、その不足額を供託しなければなりません。→28条1項、営業保証金規則5条
【問 35】 宅地建物取引業者Aが行う媒介業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。なお、この問において「37条書面」とは、同法第37条の規定により交付すべき書面をいうものとする。
イ Aが建物の賃貸借契約を成立させた場合においては、契約の当事者が宅地建物取引業者であっても、37条書面には、引渡しの時期及び賃借権設定登記の申請の時期を記載しなければならない。
イ  誤り。建物の賃貸借契約において、引渡しの時期は37 条書面の必要的記載事項となるが(同法37条2項1号)、賃借権設定登記の申請の時期は、37 条書面の記載事項ではない。なお、37条の規定は、宅建業者間取引でも適用されること(同法78条2項)、および宅地また は建物の売買契約においては「移転登記の申請の時期」は必要的記載事項であること(同法37条1項5号)に注意。


 

アマゾンKindleUnlimitedはこれまでに登録した事がないかたは30日間無料でお試しいただけます。

 

Kindleアプリをインストールし連携。

 

もし連携が上手くいかない場合はアマゾンアカウントの2段階セキュリティを外す。

アマゾンにメールアドレス、パスワードを登録。

→AmazonKindleUnlimited

AmzonKindle登録はこちら。

 

 

令和2年

平成30年

平成30年

平成29年