【令和3年試験対応】パーフェクト宅建士直前予想模試口コミ

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

 

 

今日はネットで購入したパーフェクト宅建士直前予想模試の購入前に知っておくべき内容5つのポイントを掲載しています。

 

 

このページを見ると購入前にあらかじめ知っておきたい内容や難易度がわかります。

 

【令和3年試験対応】パーフェクト宅建士直前予想模試口コミ

 

内容

・令和2年度宅建本試験も的中しています!昨年試験ズバリ的中4問!

・2人の講師に緊急インタビュー「2021年宅建試験には、こう挑め!」

・民法改正50問

・法改正箇所、統計

・模試3回、解答、解説、解答用紙

 

 

 

 

本書は、信頼と実績の「パーフェクト宅建」シリーズにおけるイラスト・アイテム、宅建本試験の直前期の学習に特化して編集された直前予想模試です。

住宅新報 出版部

 

 

こう書かれていますが直前期にかかわらず、宅建本試験に備えた予備知識の補充になります。

予想模試は2021/6/22発売でした。

 

 

 

 ひととおり基本書での学習が完了し、過去問も解き終えた方であれば、最後の“ツメ”となるこの時期は、さらに応用力に磨きをかける学習が必要になります。

そこで本書では、近年の本試験の傾向をふまえ、あらゆる角度からの出題に対応できるよう、バラエティに富んだ3回分の模試を収録しました。

住宅新報 出版部

 

 

かんたんにいうと予想模試です。1回目を解いた感触としては民法が難化傾向にあります。

民法は突発的に出題される奇問は予想できないとしても、苦手なポイントがまるわかりです。

法令上の制限や宅建業法はカンタンでした。

 

 第1回目は、昨年の本試験にあわせた「ベーシック模試」、第2回目は、近年の改正点に照準を合わせた「法改正攻略模試」、第3回目は、知識の正確さをチェックできる組合わせ問題や個数問題を多めに取り入れ、また、“ヒッカケ”の要素もちりばめた「ハイレベル模試」となっています。

それぞれの模試によって、現時点での実力の確認や応用力の強化に役立ててください。

住宅新報 出版部

 

 

あらゆる出題に対応できるよう模試は3種類あります。

この模試の点数が悪くても、復習にあて、応用力を磨きたいですね。

 

 

巻頭では、受験生のみなさんをフォローするために、イレギュラー続きの昨年2020年本試験を講師2人と振り返り、改めて勉強法を見直すインタビュー「2021年の宅建試験には、こう挑め!」を収録するほか、今年も狙われる可能性が高い「民法改正」の未出題論点を〇✕形式で確認できる「弱点克服!民法改正予想50」、そして直近法改正と確実に1点とりたい統計情報を盛り込んだ「法改正箇所・統計まとめ」をご用意しました。しっかり活用して、本試験直前の“総仕上げ”に役立ててください。

住宅新報 出版部

 

今年も狙われる民法改正は確認しておきたいですね。


1回目を解いた感想ものせています。

【令和3年試験対応】パーフェクト宅建士直前予想模試口コミ2

パーフェクト宅建士直前予想模試

 

 

スポンサードサーチ