宅建 民法 資料【全網羅】

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。 目次 1.   制限行為能力者 2.意思表示 3.代理 4.契約総論 5.契約各論 6.債権 7.担保制度等 8.物権 9.担保物件 10.不法行為 11.時効 12.相続 13.物件の対抗 14.不動産登記法 15.貸借・借地借家法 16.区分所有法   制限行為行為能力者制度 民法 資料/序章/制限行為能力者/取消権/取消しの効 […]

宅建資料 宅建業法【全網羅】

こんにちは。きりん(@kirinnaccout)です。 目次 1.用語の定義 2.宅建業者 3.宅地建物取引士 4.保証金制度 5.業務上の制度 6.媒介契約書 7.重要事項説明書 8.書面の交付 9.8種制限 10.特定住宅瑕疵担保履行法 11.報酬額の制限 12.監督処分・罰則   用語の定義 宅建業法 資料 用語の定義 ①宅地建物取引業の定義 宅建業法 資料 用語の定義 ②宅建業の […]

宅建 法令上の制限【全網羅】

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。 目次 1.都市計画法 2.建築基準法 3.国土利用計画法 4.農地法 5.宅地造成規制法 6.土地区画整理法 7.その他の法令   都市計画法 都市計画法 資料 ①都市計画法の概要 宅建試験対策 都市計画法 資料 ②区域指定 ③ 都市計画の種類(その1)区域区分・用途地域 宅建 試験対策 都市計画法 資料 ④都市計画の種類(その2) […]

宅建資料 その他の法令【全網羅】

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。 目次 1.不動産鑑定評価基準 2.地価公示法 3.税金 4.住宅金融支援機構 5.景表法と公正競争規約 6.統計 7.土地・建物   不動産鑑定評価基準 不動産鑑定評価基準 資料 3方式 宅建 免除科目 不動産鑑定評価基準 資料 ①不動産とその価格 ~ ③ 地域分析と個別分析 宅建    地価公示法 地価公示の流れ 資料  […]

はじめてきた人に紹介。

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。 ・宅建初学者(まったく教科書も何もない人) 通信講座のせてます。 →   ・通信教育を既に受けている人 (実力を診断しよう!)クイズ紹介しています。 →     ・通信講座は受講してないけど、独学の人 (クイズの紹介しています。) →   書籍紹介もしています。計画立てるときに活用してね。   […]

アガルートの宅建講座で一発合格プラスアルファ。【私がアガルートを選んだ理由とは?】

皆さんこんにちは、子育て中のパパ@Tanakaです。 高卒業界未経験からの宅建試験合格し、現役新米宅建士として不動産会社へ転職した私が、宅建試験の勉強ツールとして使用したアガルートの宅建講座をご紹介したいと思います。   今も昔も宅建は大人気の資格ですよね。 その理由は受験資格がないので学歴や年齢、実務経験関係なく受けられる国家資格な事と、不動産会社には事務所ごと5人に1人宅建士必ずいな […]

フォーサイトで宅建の資料請求をしてみた【資料請求体験談】

こんにちは、私は令和元年度の宅建士試験に合格し、宅建士として不動産会社に勤務してます。40代のパパ@Tanakaです。   宅建士といえば受験資格のない国家資格で専門性や不動産業では必ず需要があるのでとても人気の資格です。 本日は現役新米宅建士で週末に受講しながら資格取得をした経験からフォーサイトさんの宅建士講座について、資料請求すると届くもの等ご紹介したいと思います。   & […]

現役宅建士のユーキャンの宅建講座のクチコミ

こんにちは、令和元年の宅建士試験に合格し、現在不動産会社で宅建士として働く40歳のパパ@Tanakaです。全くの別業種から高卒レベルの法律知識で合格し、宅建士になれた経験からユーキャンの宅建講座についてレビューしてみたいと思います。   ユーキャンといえば資格講座の知名度ではナンバーワンではないでしょうか? 電車や駅の広告、テレビCM、雑誌の裏側など1度は誰でも目にしたことがあるのではと […]

クレアールの宅建講座は二種類、費用と他社講座との違いは?

皆さんこんにちは、子育てしながら全くの畑違いのパートをしつつ、宅建試験に合格し、現在不動産会社で宅建士として働く40歳のパパ@Tanakaです。 宅建とは国家資格で数年前に宅地建物取引主任者から宅地建物取引士に名称が変わった人気の国家資格です。宅建を持っていると、不動産業はもちろんハウスメーカーや銀行等様々な業種に需要があり、相続や住宅購入等自分の人生でも役立つ場面が多々あります。 そんな人気の資 […]

宅建試験合格後の登録講習って?【宅建士証をとるために】

―登録講習―     宅地建物取引士資格登録等の手続きについて   合格者には、合格証書とともに「宅地建物取引士資格登録等の手続について」を同封します。   今後、宅地建物取引士として業務に従事しようとする方は、受験した試験地の都道府県の登録を受けなければなりません。登録を希望する方は、「宅地建物取引士資格登録の手続きについて」をよくお読みの上、間違いのない […]