宅建士試験模試集/きりんのブログ 2020年度おススメ宅建模試/独学

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

 

宅建士試験・模試について

・例年の発売日(年度が違う場合がありますのでご注意ください)

たとえば、2020年度に受験されるかたは2020と記載された模試です。

・模試のなまえ

・難易度

・法改正対応度

にわけてのせています。

 

模試発売日までには基礎力を養い発売日頃には模試を実戦形式で解いていくといった方法が良いかと考えています。

 

 

こちらについては模試について、独学感がつよめの方が受験までの参考になれば幸いです。

会場受験は

LECリーガルマインド・総合資格学院あともう一社にて受験できる”宅建士模試”を受験しました。

 

申し込み開始は例年6月1日お申し込み締め切り8月31日

 

・9月に4回開催されます。

(うち1回受験しました)

・税抜き5.000円、成績表送付は10月初です。

 

きりんが会場模試を受験した結果は自信があった宅建業法の点数が伸び悩んでいて受験後、試験までの時間配分進め方については時間配分の調整ができました。

 

独学で模試を進めるに当たり後半は模試が実戦形式でつかえるので、模試を購入していく方法をとりました。

 

模試で高得点をとって安心できませんが、終盤の成績は、公開模試結果16位 偏差値72.5です。

(プレッシャーをかけるわけではありませんが、模試の高得点は合格までに必要なレベルです。)

 

                みだし

              1. 宅建模試1.模試  日本経済新聞社出版 うかる!宅建士模試

              2. 宅建模試2.模試 これで合格!宅建士直前予想模試

              3. 宅建模試3.模試 パーフェクト宅建の直前模試

              4. 宅建模試4.未来問 模試( 無料 )

              5. 宅建模試5.模試 本試験をあてるTAC直前予想

              6. 宅建模試6.模試 ズバ予想宅建塾直前予想模試

 

  
   
           

模試  日本経済新聞社出版 うかる!宅建士模試

発売日 おおむね4月25日

内容 4冊合計200問 実力診断に最適

難易度  高

法改正対応  低

こちらの模試は、比較的、発売日がはやいです。

内容は独自の問題が多いです。

たとえば、難しい問題に慣れてくると他の問題が簡単に思えますのでオススメの1冊です。

 

こちらの模試を購入して始めるには、比較的、発売日が早く対策としては時間割りに取り入れることです

・ペースは週に一回くらいです 。

 
 
 

模試 これで合格!宅建士直前予想模試

発売日 おおむね6月20日

内容  法改正からの出題される傾向対策に合っていました。 解きやすく読みやすい印象をうけました。

内容は(基礎編)、(応用編)

(チャレンジ編)計3冊あります。

難易度  中

法改正対応  高

 

 

模試 パーフェクト宅建の直前模試

発売日 おおむね6月25日

内容 オリジナル問題2回分+過去問セレクト1回分

住宅新報社おすすめです。

なぜなら、良問ぞろいだからです。

たとえば、深入りしなくても良いかとかんがえます。

難易度  中

法改正対応  低

 

 

 

 

未来問 模試( 無料 )

発売日 2020年5月31日発表

内容 未来問HPからダウンロード・1回無料

難易度  中

法改正対応  高

 

未来問は深入りする必要はありません。

なぜなら、見直しすることで合格できたからです。

詳しくは「宅建未来問」で検索するとサイトが出てきます。

・無料ダウンロードして印刷し模試をうけることができます。

きりんの場合は時間割りにはなかったのですが気になったので無料受験しました。

結果は42点、見直しで終わりましたが、問題をみて受けた印象はよく出題傾向に一致しているといった印象です。

 

こちらから無料ダウンロード・無料登録ができます資格スクエア 宅建2020『未来問』第1回目無料プレゼント!

 

 

模試 本試験をあてるTAC直前予想

発売日 おおむね6月23日

内容 予想模試3回分

難易度  中

法改正対応  中

1度模試感覚で解いてみたところ40点くらいあり、見直しで終わりました。

・模試、過去問はノートを作って、間違えた問題番号をメモし部分的にだけ、見直したり、試験用の(過去問と模試)ノートを作って記録して見ていくことが時間の節約になります。

 
 
 
 
 
 
模試 ズバ予想宅建塾直前予想模試

 

発売日 おおむね7月26日

内容 予想模試3回分

難易度  中

法改正対応  高

 

ズバ予想宅建塾[直前予想模試]は法改正対応度が高いです。

なぜなら、的中率が高い模試といえるからです。

(本試験でもあたっていました)

 

春までには民法は基本がある程度出来だしたのを見計らって

朝は一問一答形式の問題集、最初ははっきり分からないことが多いですが、使いかたは時間を測って全分野するようにしました。

受験勉強・終盤は5分とか10分区切りのペースでテンポよくする感じです。

 

午後は問題集・模試

といった具合です。

 

・パソコン200~300問くらいです。

・終盤7日間毎日気を抜かないように合格に向け練習しました。

・リフレッシュは終盤までに整理がつくようにしてしまうようにしました。

 

きりんは試験の度、行くまでに前日までに準備するようにしていますが少し早すぎました。

3日くらい前から準備をしていました。

 

食事についても

「食事は何食べたらいいかな」とか

(マクドナルドのモーニングを食べました)

時間が空いたらどこで過ごしてどの本見ればいいかなとか

・統計はあらかじめ覚えていました

・本番でビラは見ないでいよう

・順番はいつも通り1番から。

・パーフェクトシリーズを持っていきました。

 

自信がありますが、試験まで長いです。

 

いよいよ本番、宅建試験を受けて手ごたえがあり、「合格」していました。

 

ズバリ・・・・・45点くらいかなぁ。と考えて帰宅したのですが

民法がすこしできてなく、伸び悩んでいました。合格ラインが低めだったので良かったです。

 

 

 

体調に気を付けて

合格まで頑張ってください。

応援しています。

 

Tweetよろしくお願いします!