LEC「出る順 宅建士 合格テキスト」①権利関係 2021年度版  口コミ

 

LEC「出る順 宅建士 合格テキスト」①権利関係 2021年度版  口コミ0

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

 

 

「出る順 宅建士 合格テキスト①権利関係」ネットで購入しました。

 

「出る順 宅建士 合格テキスト①権利関係」は宅建試験受験時に「難解な知識も基礎から丁寧に解説」されています。

 

定価2,300円+税です。


試験の力をつける「合格テキスト」5大特長!

1 難解な知識も基礎から丁寧に解説!

 

2 試験で重要な法律知識(条文・判例)もしっかり掲載!

 

3 直近の試験傾向に基づく重要度ランクを表示!

 

4 おさえておきたい重要な知識を「合格ステップ」に凝縮!

 

5 学んだところをすぐに確認できる!『ウォーク問 過去問題集』に完全リンク!


「難解な知識も基礎から丁寧に解説!」はどんな解説?

 

一部引用しました。

 

 

 

債務不履行とは

契約で決めた日を守らなかった場合、どんな責任が生じるのか?

BさんはAさんから、その所有する住宅を購入しましたが、Aさんは約束の期日に引き渡さず、数カ月遅れて引き渡しました。そのためBさんは、引渡しを受けるまで、ホテルに宿泊せざるを得なくなり、ホテル代を負担しました。この場合、BさんはAさんに、Bさんが支払ったホテル代を弁償してもらえるのでしょうか。

 

答え:BさんはAさんに自分が支払ったホテル代を弁償してもらえます。

 

 

(1)債権・債務とは

第1章で学習したように、一度契約を結ぶと、原則として、その契約で決めた内容を守る必要があります。

例えば、Aさんが自分の持っている建物をBさんに1,000万円で売却するという売買契約が結ばれたとします。

この場合、売主であるAさんは、Bさんにその建物を引き渡す義務を負いますし、また、買主であるBさんは、Aさんに1,000万円を支払う義務を負うことになります。

このように、相手方に対して負う義務のことを債務といい、この義務を負っている者のことを「債務者」といいます。

逆に言えば、売主であるAさんは、Bさんが「1,000万円で買う」という約束をした以上、Bさんに対して1,000万円の支払を請求することができます。

また、買主であるBさんは、Aさんが「建物を売る」という約束をした以上、Aさんに対して建物の引渡しを請求することができます。

このように、相手方に対して一定の行為を請求できる権利のことを債権といい、この権利をもっている者のことを「債権者」といいます。

 

図略

 

(2)債務不履行とは

売買契約が結ばれると、売主は「建物を引き渡す義務」、買主は「代金を支払う義務」といった義務を負うことになります。これらの義務をきちんと果たしてくれればよいのですが、場合によっては、そのような義務が果たされないことがあります。

このように、正当な理由もないのに約束を守らないことを債務不履行といいます。このような債務不履行があった場合、相手方に対して以下のことができます。

1つは、損害賠償請求です。約束を破られて損害を受けたのだから、お金を払ってくれと請求することができます。

もう1つは、契約の解除です。契約を結んだものの、相手方が約束を果たさないのだから、契約をなかったことにすることができるのです。

 

「出る順 宅建士 合格テキスト①権利関係」

 


「出る順 宅建士 合格テキスト①権利関係」ご購入者のための特典

登録無料 インターネット情報提供サービス

お届けするフォロー内容

・法改正情報

・宅建NEWS

 


 

LEC「出る順 宅建士 合格テキスト」①権利関係 2021年度版  口コミ3

                                             写真掲載しています。


スポンサードサーチ