【チェックリスト】緊張しやすいのが悩み【宅建受験編】悩み改善4.

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

「緊張しやすいのが悩み!」という人は、世の中にたくさんいます。

 

緊張しやすい性格の人は、もしかしたら今までに緊張する場面にあまり遭遇したことがないのかもしれませんね。

 

緊張する場を重ねると慣れるので緊張をすることが減りやすいのですが、誰もが緊張する場面に繰り返し遭遇できるというわけではありません。

 

なので、緊張しやすい性格の改善方法を知りたいところですよね。

 

 

ということで今回は、緊張しやすい性格の改善方法についてまとめてみることにしましたので、興味がある人はぜひチェックしてみてください!

 

 

 

◇人と会うチャンスを増やして友達を作る

 

どうして緊張してしまうのかというと、「失敗をしたらなんて思われるのかな?」という不安が大きいからです。

 

なので、不安を生じないような友達を増やせば緊張しなくなりますよ。

 

自分が軽い失敗をしたときに明るく笑い飛ばしてくれる友達です。

 

そんな友達を作るためには、まずは人とたくさん会うことが大事ですね。

 

 

そして、友達を作るために人にたくさん会うという行為も、緊張しなくなることに役立ちますよ。

 

 

 

 

◇ポジティブな思考で自分に自身を持つ

 

緊張しやすい人が緊張してしまう原因は、人によって違います。

 

もし努力をして物事に取り組んでいる人で緊張しやすい場合は、「自分の努力が報われることなく失敗した」という気持ちになるからですね。

 

だから、このケースでは自分に自信が持てるようになれば緊張しにくくなるはずです。

 

自分に自信を持つためには、気持ちをポジティブに向けることがポイントです。

 

ネガティブな思考はネガティブな結果につながってしまうので要注意ですね。

 

ポジティブな思考は、良い結果につながるので自信を持つことにもつながりますね。

 

 

 

◇前もって準備をきちんとすれば緊張が改善される

 

緊張しやすい性格の人の中には、準備不足が緊張を招いていることもあります。

 

準備できていないことに対して聞かれたときのことが気になり、緊張してしまうのではないでしょうか?

 

だから、前もって準備万端であれば緊張する要素がなくなりますね。

 

つまり、準備する方法を改善できたら緊張も改善されます。

 

 

◇早口で話したり急いで行動したりしない

 

緊張すると早口になる人って多いですね。

 

それはどうしてかというと、緊張しているからできるだけ早く済ませたいからなんですね。

 

なんだか納得できませんか。

 

なので、緊張しやすい性格をどうにかしたいと思っている人は、その焦りをストップさせたらいいみたいですよ。

 

早く済ませようと思わずに丁寧に行動することを心がけます。

 

そうすれば、逆に早く済むことだってありますね。

 

また、緊張して早口で話したら噛んでしまいがちなんですね。

 

だから、ゆっくり話すほうが結果的にベストです。

 

ゆっくり行動してゆっくり話すように心がけたら、緊張も自然と和らぎます。

 

 

◇腕を広げながら大きな深呼吸をする

 

「今の緊張をどうにかしたい!」というときは、大きな深呼吸です!

 

腕を広げながら深呼吸をすると尚良しなんですね。

 

どこでもすぐにできるので、ぜひ試してみてください。

 

深呼吸をすると気持ちが落ち着くから、緊張も落ち着くということですね。

 

 

◇口を大きく開けて話す

 

緊張しやすい性格を改善するには、気持ちをコントロールすることも改善方法です。

 

だけど、実践的な方法もあるので紹介しておきますね。

 

その方法とは、口を大きく開いて話すという方法です。

 

そうすれば、滑舌が良くなるし好印象を人に与えることができるので、コミュニケーション能力がアップします。

 

滑舌よく話すことができると、自分の気分も良くなります。

 

 

 

 

緊張しやすい性格の改善方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

自分に自信が持てるように行動したり、前もって準備をきちんとしたりするようにすれば、緊張しやすい性格を改善することができるようですね。

 

また、ムリして自分を良く見せようとしないことも大切だということがわかりましたね。

 

 

 

 

スポンサードサーチ