宅建2021 eラーニング  令和2年(10月度)過去問+1問1答 宅地建物取引士問題・クイズ形式

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

今日も「宅建2021過去問eラーニングクイズ」に挑戦してみましょう。

 

「全部で1937問ある1問1答設問から、5問をランダムにピックアップ!」1問1答形式問題に+α最新宅建過去問令和2年10月度1問1答形式でピックアップしています。

・ストレッチ程度にお試しくださいね。

 

※無料です

宅地建物取引士問題・民法大改正に対応済み

※宅建試験で出題予想! 改正予想問題+20問

 

全部で1937問ある設問から、5問をランダムにピックアップ!

参照文献:・令和2年度(10月度) 宅建過去問 解答・解説 住宅新報出版(宅建過去問200問)

・2020年版-パーフェクト宅建の一問一答-解答力があがる!住宅新報出版(宅建分野1658問)

・マンション管理士-一問一答セレクト1000-2020年度-TACマンション管理士講座(59問)

・合格革命-一問一答式-出るとこ千問ノック-2020年度-行政書士シリーズ(民法分野20問)

(設問形式によっては5問をオーバーすることもあります)

基本は○×問題なので、気軽に取り組むことができますよ。

 

そして、この1問1答形式がオススメな理由は2つ

 

・根を詰めすぎず、ホッと一息入れつつ学べる

・間違えても、すぐに答えが検索できる

 

つまり、試験対策を地道に進めるお手伝いになるんです。

今の実力を知る為のお手軽チャレンジ、ぜひボタンをクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

宅建 1問1答クイズ形式 1937問 ランダム5問出題 民法改正対応  

 

 

令和2年 宅建過去問100問 1問1答 Kindle版出版しました(Kindleunlimited対応しています)

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。


Kindleから一部抜粋

amazon kindle unkimited  宅建1問答令和2年

商品のメリット:

・ 書籍はスマホで読むことができます。

 

・ 基本問題を収録し、すぐに読了できます。

 

・ 過去問正解のオリジナル解説が読めます。


発売日:2021年3月4日発売

 

宅建書籍の発売場所:AmazonKindleです。

 

著者名: きりん(著)

ブランド:kirin

 

商品名: 宅建 100問 令和2年1問1答

商品紹介:

【問 35】 宅地建物取引業者A(甲県知事免許)の営業保証金に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。
3 Aは、営業保証金の還付により、営業保証金の額が政令で定める額に不足することとなったときは、甲県知事から不足額を供託すべき旨の通知書の送付を受けた日から2週間以内にその不足額を供託したければならない。
正解 33 正しい。不足額の供託→免許権者から通知 を受けてから2週間以内に供託する。宅建業者は、営業保証金の還付があったため、営業保証金が不足することとなったときは、免許を受けた国土交通大臣又は都道府県知事から不足額を供託すべき旨の通知書の送付を受けた日から2週間以内に、その不足額を供託しなければなりません。→28条1項、営業保証金規則5条
【問 35】 宅地建物取引業者Aが行う媒介業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。なお、この問において「37条書面」とは、同法第37条の規定により交付すべき書面をいうものとする。
イ Aが建物の賃貸借契約を成立させた場合においては、契約の当事者が宅地建物取引業者であっても、37条書面には、引渡しの時期及び賃借権設定登記の申請の時期を記載しなければならない。
イ  誤り。建物の賃貸借契約において、引渡しの時期は37 条書面の必要的記載事項となるが(同法37条2項1号)、賃借権設定登記の申請の時期は、37 条書面の記載事項ではない。なお、37条の規定は、宅建業者間取引でも適用されること(同法78条2項)、および宅地また は建物の売買契約においては「移転登記の申請の時期」は必要的記載事項であること(同法37条1項5号)に注意。


 

アマゾンKindleUnlimitedはこれまでに登録した事がないかたは30日間無料でお試しいただけます。

 

Kindleアプリをインストールし連携。

 

もし連携が上手くいかない場合はアマゾンアカウントの2段階セキュリティを外す。

アマゾンにメールアドレス、パスワードを登録。

→AmazonKindleUnlimited

AmzonKindle登録はこちら。

 

 

令和2年

平成30年

平成30年

平成29年