歯科技工学 歯列弓/歯列と咬合/隣在歯との位置関係/歯の傾斜

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

一般的な歯科技工学についてつづりました。

(参照:歯の解剖学・歯科技工学)

 

 

 

                          目次

        1. 歯の傾斜(けいしゃ)

        2. 咬合(こうごう)・咬合平面(こうごうへいめん)

        3. 隣在歯(りんざいし)との位置関係

        4. 歯列弓(しれつきゅう)

 

 

 

 

 

歯列と咬合(上下顎の位置関係)

 

 

1.歯の傾斜(歯の植立方向)

 

 顎骨(がっこつ)に植立している歯は、近遠心的(きんえんしんてき)にも頬舌的(きょうぜつてき)にも彎曲をしているために、歯の長軸と身体の垂直軸は平行ではなく、近遠心的(きんえんしんてき)(近遠心軸)ならびに唇頬舌的(しんきょうぜつてき)(唇頬舌軸)にさまざまな角度で傾斜(けいしゃ)しています。

 


こちらの植立(しょくりつ)の角度は咬合(こうごう)を考えるうえで重要です。

 

一般に上顎歯(じょうがくし)は唇頬側(しんきょうそく)ならびに近心(きんしん)に傾き、下顎歯(かがくし)は、前歯(ぜんし)では唇側(しんそく)ならびに近心(きんしん)に臼歯(きゅうし)では舌側(ぜっそく)ならびに近心(きんしん)に傾きます。

 

 

 

 


個々の歯でみると次のとおりです。

 

1 上顎切歯(じょうがくせっし):唇側(しんそく)に大きな傾斜をもち、近遠心的(きんえんしんてき)には歯冠(しかん)が遠心に傾きます。

 


2  下顎切歯(かがくせっし):唇側(しんそく)への傾きはやや弱く、近遠心的(きんえんしんてき)には垂直です。


3  上顎犬歯(じょうがくけんし):歯冠(しかん)が唇側(しんそく)ならびに近心(きんしん)に傾きます。

 

 


4  下顎犬歯(かがくけんし):歯冠(しかん)がわずかに唇側(しんそく)、近心(きんしん)に傾きます。

 


5  上顎小臼歯(じょうがくしょうきゅうし):頬舌的(きょうぜつてき)には垂直に近いが、近遠心的(きんえんしんてき)には歯冠(しかん)が近心(きんしん)に傾きます。


6  下顎小臼歯(かがくしょうきゅうし):歯冠(しかん)が舌側(ぜっそく)ならびに近心(きんしん)に傾きます。

 

7 上顎大臼歯(じょうがくだいきゅうし):歯冠(しかん)が頬側(きょうそく)ならびに近心(きんしん)に傾きます。

 

8  下顎大臼歯(かがくだいきゅうし):歯冠(しかん)が舌側(ぜっそく)ならびに近心(きんしん)に傾き、後方の歯ほど傾斜は大きくなります。

 


 植立状態では舌側咬頭(ぜっそくこうとう)は頬側咬頭(きょうそくこうとう)より、近心頬側咬頭(きんしんきょうそくこうとう)は遠心頬側咬頭(えんしんきょうそくこうとう)より低くなります。 こちらのような歯の傾斜は、咀嚼運動(そしゃくうんどう)によって受ける咬合力(こうごうりょく)に対する適応の結果です。

 

 臼歯咀嚼(きゅうしそしゃく)は普通片側(へんそく)で行われるが(作業側)(さぎょうそく)、下顎大臼歯(かがくだいきゅうし)は頬側咬頭(きょうそくこうとう)が上顎大臼歯(じょうがくだいきゅうし)の中心窩(ちゅうしんか)に向けて上行(じょうこう)し、中心窩(ちゅうしんか)に入って上顎大臼歯(じょうがくだいきゅうし)の舌側咬頭(ぜっそくこうとう)の咬合面(こうごうめん)と接触し、下行(かこう)して舌側(ぜっそく)に抜けるというように、上下運動と側方運動(そくほううんどう)を組み合わせた動きをします。

 

 こちらのとき、上顎大臼歯(じょうがくだいきゅうし)にぶつかって生じる咬合力(こうごうりょく)は下顎大臼歯(かがくだいきゅうし)の長軸方向(ちょうじくほうこう)にかかり、上顎大臼歯(じょうがくだいきゅうし)の舌側根(ぜっそくこん)が受けます。

 

 

 

 

2.咬合(こうごう)


 上顎歯(じょうがくし)と下顎歯(かがくし)との接触状態を咬合(こうごう)(occlusion)といいます。一般に上下顎(じょうげがく)の対合関係は1歯対2歯の状態で、 正常咬合(せいじょうこうごう)(normal occlusion)では上顎前歯(じょうがくぜんし)は下顎前歯(かがくぜんし)を2mmほど覆い、臼歯部(きゅうしぶ)では上顎(じょうがく)の頬側咬頭(きょうそくこうとう)の咬合面(こうごうめん)が下顎(かがく)の頬側面(きょうそくめん)と接触します。

 

上下顎(じょうげがく)の相対する咬頭(こうとう)と溝(こう)、窩(か)が正しくかみあい、最も広い面積で接触している状態を咬頭嵌合位(こうとうかんごうい)といい、咬頭嵌合位(こうとうかんごうい)以外の上下顎(じょうげがく)の咬合関係(こうごうかんけい)は偏心咬合位(へんしんこうごうい)といいます。偏心咬合位(へんしんこうごうい)では、下顎骨(かがくこつ)は前方(ぜんぽう)または側方(そくほう)に移動しています。

 

 

食物をかみ切ったり、咀嚼(そしゃく)するときは、一般に偏心咬合位(へんしんこうごうい)から咬頭嵌合位(こうとうかんごうい)に移行します。


上下の歯の接触(1歯対2歯の関係)

 側方(そくほう)から上下顎(じょうげがく)の歯の接触関係を観察すると、下顎中切歯(かがくちゅうせっし)と上顎(じょうがく)の最後臼歯(さいこうきゅうし)を除くほかの歯は必ず反対顎(はんたいがく)の2歯と相対し、1歯対2歯の関係にあります。

 

上顎(じょうがく)の歯は下顎(かがく)の同名の歯とそちらの遠心(えんしん)の歯、下顎(かがく)の歯は上顎(じょうがく)の同名の歯とそちらの近心の歯と接触します。

 

 

すなわち、下顎(かがく)の歯は上顎(じょうがく)の同名の歯よりも常に近心側(きんしんそく)に位置するということです。


こちらは、上顎中切歯(じょうがくちゅうせっし)と下顎中切歯(かがくちゅうせっし)の歯冠近遠心径(しかんきんえんしんけい)に違いがあるために生じた現象です。

 

 

 

上顎歯列弓(じょうがくしれつきゅう)は下顎歯列弓(かがくしれつきゅう)より大きいので、上顎歯(じょうがくし)は常に下顎(かがく)を覆います。

 

 

 

咬合状態(こうごうじょうたい)では上顎切歯(じょうがくせっし)および犬歯(けんし)は下顎切歯(かがくせっし)および犬歯唇側面(けんししんそくめん)の切縁(せつえん)を覆うため、下顎前歯(かがくぜんし)の歯冠上部(しかんじょうぶ)は前方からみえず、上顎臼歯(じょうがくきゅうし)は下顎臼歯(かがくきゅうし)より半咬頭頬側(はんこうとうきょうそく)に張り出して位置するため、下顎臼歯(かがくきゅうし)の歯冠上部(しかんじょうぶ)は側方(そくほう)から見えません。

 

 

3.隣在歯(りんざいし)との位置関係

 接触点 (せっしょくてん)


 ヒトの歯は顎骨(がっこつ)に植立し、相互に隣在歯(りんざいし)と接触しています。こちらの接触している部分を接触点(せっしょくてん)(contact point)といいます。加齢とともに摩耗によって点から面となり、そちらの結果、歯列弓長(しれつきゅうちょう)は短くなります。

 

 

 

 


接触点(せっしょくてん)の位置は、前歯部(ぜんしぶ)は唇舌的(しんぜつてき)に中央部、上下的には切縁側1/3~1/4、臼歯部は頬舌的(きょうぜつてき)には頬側1/3、上下的には咬頭側1/3~1/4です。

 


 接触点の意義は


① 咬合圧の分散


② 歯の移動・捻転(ねんてん)・傾斜などの防止


③ 歯間への食片圧入の防止


④ 歯間乳頭(しかんにゅうとう)の保護が考えられています。

 

 

 

 歯間隙(しかんしょう)と鼓形空隙(こけいくうげき)


 歯間隙(しかんしょう)(interproximal space)とは接触点と歯槽骨縁(しそうこつえん)の間に囲まれた間隙(かんしょう)で、正常なときは歯間乳頭(しかんにゅうとう)で満たされています。

 

 

一方、 鼓形空隙(こけいくうげき)(embrasure)とは、隣接する歯の接触点から四方向に広がる空隙(くうげき)いいます。

 

唇側面(しんそくめん)・頬側面(きょうそくめん)からみたときに切縁側(せつえんそく)ならびに咬合面側(こうごうめんそく)に開いた空隙(くうげき)を歯肉側鼓形空隙(しにくそくこけいくうげき)、咬合面からみたときに唇側(しんそく)ならびに頬側(きょうそく)に開いた空隙(くうげき)を唇側鼓形空隙(しんそくこけいくうげき)、頬側鼓形空隙(きょうそくこけいくうげき)、舌側(ぜっそく)に開いた空隙(くうげき)を舌側鼓形空隙(ぜっそくこけいくうげき)といいます。

 


唇側鼓形空隙(しんそくこけいくうげき)、頬側鼓形空隙(きょうそくこけいくうげき)、舌側鼓形空隙(ぜっそくこけいくうげき)には対合歯(たいごうし)の咬頭(こうとう)が接触します。

 

 

唇側鼓形空隙(しんそくこけいくうげき)、頬側鼓形空隙(きょうそくこけいくうげき)、舌側鼓形空隙(ぜっそくこけいくうげき)の角度は、上顎(じょうがく)では唇側(しんそく)ならびに頬側(きょうそく)が舌側(ぜっそく)より大きく、下顎(かがく)は、前歯部(ぜんしぶ)では唇側(しんそく)が、臼歯部(きゅうしぶ)では舌側(ぜっそく)のほうが大きいです。

 

 

 

 

 

唇側鼓形空隙(しんそくこけいくうげき)・頬側鼓形空隙(きょうそくこけいくうげき)・舌鼓鼓形空隙(ぜっそくこけいくうげき)・歯肉側鼓形空隙(しにくそくこけいくうげき)は、咀嚼中(そしゃくちゅう)の食物を咬合面(こうごうめん)からから頬側(きょうそく)ならびに舌側(ぜっそく)へ流す流路(りゅうろ)(spillway)となります。

 

 

こちらによってエナメル質や歯肉表面の自浄作用(じじょうさよう)が働き、 歯にかかる力学的(りきがくてき)な負担を軽減し、接触点(せっしょくてん)への食域(しょくいき)の圧入(あつにゅう)を防いでいます。

 

 

 


歯隙(しげき)

 歯隙(しげき)とは、歯と歯の間にできた隙間(すきま)で、上顎中切歯間(じょうがくちゅうせっしかん)にある場合を正中離開(せいちゅうりかい)といいます。

 

 

乳歯列(にゅうしれつ)では成長に伴ってみられる成長空隙(せいちょうくうげき)があり、日本人では少ないが、永久歯列でも大きな顎骨(がっこつ)に小さな歯が配列している場合には空隙歯列弓(くうげきしれつきゅう)がみられます。

 

 

乳歯列(にゅうしれつ)ではまた、上顎乳側切歯(じょうがくにゅうそくせっし)と上顎乳犬歯間(じょうがくにゅうけんしかん)ならびに下顎乳犬歯(かがくにゅうけんし)と下顎第一乳臼歯間(かがくだいいちにゅうきゅうしかん)にみられる霊長空隙(れいちょうくうげき)があります。

 

 


トの永久歯列(えいきゅうしれつ)ではみられないが、類人猿(るいじんえん)ではこちらの空隙(くうげき)に上下の犬歯(けんし)が咬合(こうごう)します。

 

 

4.歯列弓(しれつきゅう)

歯は一定の位置と順序にしたがって、上顎骨(じょうがくこつ)の歯槽突起(しそうとっき)ならびに下顎骨(かがくこつ)の歯槽部(しそうぶ)に植立し、放物線形の歯列(しれつ)(dental arch)をつくっています。歯列にも乳歯列(にゅうしれつ)・混合歯列(こんごうしれつ)・永久歯列(えいきゅうしれつ)の区別があります。

 


歯列(しれつ)の描く曲線を歯列弓(しれつきゅう)といい、切歯(せっし)の切縁(せつえん)・犬歯(けんし)の尖頭(せんとう)・臼歯(きゅうし)の頬側咬頭頂(きょうそくこうとうちょう)を結んだ曲線で表します。

 

 

 

 

 


上顎歯列弓(じょうがくしれつきゅう)は、前歯部(ぜんしぶ)では下顎歯列弓(かがくしれつきゅう)より前にあり、臼歯部(きゅうしぶ)では半咬頭頬側(はんこうとうきょうそく)に被蓋(ひがい)しています。

 


こちらのため、上顎歯列弓(じょうがくしれつきゅう)は幅も長さもより大きいです。

 

 

永久歯列弓(えいきゅうしれつきゅう)を咬合面側(こうごうめんそく)からみた場合、その形態は一般に上顎(じょうがく)では半楕円形(はんだえんけい)・下顎(かがく)で放物線形(ほうぶつせんけい)です。


 上下顎(じょうげがく)の歯槽(しそう)の中心を連ねた線を歯槽弓(しそうきゅう)といいます。歯槽弓(しそうきゅう)の形態は歯列に似ているが、同じではありません。

 

歯列弓(しれつきゅう)の形


 歯列弓の形は乳歯列弓(にゅうしれつきゅう)・混合歯列弓(こんごうしれつきゅう)・永久歯列弓(えいきゅしれつきゅう)でそれぞれ異なり、上顎歯列弓(じょうがくしれつきゅう)と下顎歯列弓(かがくしれつきゅう)とで形と大きさに差異(さい)があります。

 

乳歯列弓(にゅうしれつきゅう)は加生歯(かせいし)がないため形が小さく、半円形(はんえんけい)、混合歯列弓(こんごうしれつきゅう)は、乳歯列(にゅうしれつ)の後方に大臼歯(だいきゅうし)が加わるため形態は永久歯列弓(えいきゅうしれつきゅう)に近くなります。

 

 

 前歯部(ぜんしぶ)と臼歯部(きゅうしぶ)の配列状態には個人差・人種差がみられ、各部位の形に多様な変化があるため、形態的にいくつかの分類法があります。

 


そちらの代表的なものに楕円形・放物線形・ U字形の3種に区分します、 Broca・Topinard の分類と、帯円形・帯円方形・方形・帯円 V字形の4種に分類するThompson の分類があります。


歯列弓(しれつきゅう)の形を数量的に表す方法としては歯列弓歯数(しれつきゅうしすう)があります。そちらの数値は歯列弓幅÷歯列弓長× 100 で算出されます。

 


歯列弓幅(しれつきゅうはば)とは歯列弓側方(しれつきゅうそくほう)の最突出部において正中線(せいちゅうせん)と平行に引いた両直線間の距離であり、歯列弓長(しれつきゅうちょう)とは、切歯唇側面(せっししんそくめん)の最も前方に突出した点と左右第三大臼歯(だいさんだいきゅうし)の遠心面(えんしんめん)を結ぶ直線の中点との間の直線距離です。

 

 

 

ただし、現代人においては第三大臼歯(だいさんだいきゅうし)がしばしば欠如(けつじょ)しているため、第二大臼歯を用いる場合が多く、過去のデータとの比較が難しくなっています。

 

 

 

 歯列弓指数(しれつきゅうしすう)の数値は一般に永久歯列弓(えいきゅうしれつきゅう)は乳歯列弓(にゅうしれつきゅう)より、上顎(じょうがく)は下顎(かがく)より、また女性は男性より小さいです。

 

乳歯列弓(にゅうしれつきゅう)は永久歯列弓(えいきゅうしれつきゅう)に比べて小さいが、歯列弓幅(しれつきゅうはば)が比較的大きいため、歯列弓指数(しれつきゅうしすう)は永久歯列弓(えいきゅうしれつきゅう)より大きくなります。

 


また、歯列弓指数(しれつきゅうしすう)は人種的にも違いがあり、ネグロイド(黒色人種)やオーストラリア原住民では歯列弓が前後に長いためこの指数値が小さく、 コーカソイド (白色人種)では歯列弓(しれつきゅう)の幅が広いためこの指数値が大きくなり、 モンゴロイド(黄色人種)ではほぼその中間をとります。

 

すなわち、ネグロイドはコーカソイドに比較して幅が狭くて長さが長く、細長い歯列弓(しれつきゅう)をもっていることを示しています。

 

 歯列弓(しれつきゅう)の長さを測る方法としては、 切歯(せっし)の切縁(せつえん)・ 犬歯(けんし)の尖頭(せんとう)・ 臼歯(きゅうし)の頬側咬頭頂(きょうそくこうとうちょう)を結んでできる弓状(ゆみじょう)の曲線に沿って糸や軟らかい針金を走らせ、こちらを直線に伸ばして長さを測定する方法があります。

こちらのようにして測ったものが、 歯列弓(しれつきゅう)の実長です。また、歯列弓(しれつきゅう)の実長のかわりに臼歯列(きゅうしれつ)の長さで代用することもあります。


こちらは第一小白歯(だいいちしょうきゅうし)の近心面(きんしんめん)から第三大臼歯(だいさんだいきゅうし)の遠心面(えんしんめん)までの直線距離を計測するもので、 Flower (1885) は歯列長(しれつちょう)(dental length)と名付けました。

 

歯列長(しれつちょう)は上顎(じょうがく)より下顎(かがく)のほうが大きく、女性より男性のほうが大きいです。上顎(じょうがく)の値は、ヨーロッパ人・ スリランカ人・ネグロイド,メラネシア人・オーストラリア原住民・タスマニア人の順に大きくなります。

 

Flowerはさらに,後頭骨(こうとうこつ)の大孔(だいこう)にある頭蓋底点(とうがいていてん)(Basion)と鼻点(びてん)(Nasion)との直線距離を頭蓋底長(ずがいていちょう)とし、上顎歯列長÷頭蓋底長 x 100の式により臼歯列指数(dentalindex)を算出しました。

こちらは頭蓋に対する歯の大きさを表すもので、個人差・人種差があります。こちらの値が44以上のものを大歯型(だいしがた)(megadont), 43.9~42 のものを中歯型 (ちゅうしがた)(mesodont), 41.9 以下のものを小歯型(しょうしがた)(microdont)といいます。Flower は、ネグロイド. オーストラリア原住民は大歯型(だいしがた)、モンゴロイドは中歯型 (ちゅうしがた)、ヨーロッパ人は小歯型(しょうしがた)であると報告しています。

 

咬合平面(こうごうへいめん)と咬合彎曲(こうごうわんきょく)


 咬合平面(こうごうへいめん)には、解剖学的咬合平面(かいぼうがくてきこうごうへいめん)(occlusal plane)と補綴学的咬合平面(ほてつがくてきこうごうへいめん)があります。


①   解剖学的咬合平面(かいぼうがくてきこうごうへいめん):下顎切歯点(かがくせっしてん)と左右の第二大臼歯遠心側咬頭頂(だいにだいきゅうしえんしんそくこうとうちょう)を含む平面です。


② 補綴学的咬合平面(ほてつがくてきこうごうへいめん)(カンペル平面):鼻翼下縁(びよくかえん)と両側耳珠上縁(りょうそくじじゅじょうえん)を結ぶ仮想平面(かそうへいめん)で、解剖学的咬合平面(かいぼうがくてきこうごうへいめん)とほぼ平行と考えられ、義歯(ぎし)の人工歯排列(じんこうしはいれつ)の基準として利用されています。

 

しかし、歯列(しれつ)は平面ではなく、前後方向・左右方向ともに微妙な彎曲があります。側方からみた前後的歯牙(ぜんごてきしが)彎曲をスピーの彎曲、前後方向からみた臼歯部の側方歯牙(そくほうしが)彎曲をウィルソンの彎曲といい、合わせて咬合彎曲(こうごうわんきょく)といいます。

 

①   スピーの彎曲(curve of Spee):前後的歯牙(ぜんごてきしが)彎曲ともいいます。歯列弓(しれつきゅう)を側方(そくほう)からみたとき、下顎臼歯(かがくきゅうし)の頬側咬頭(きょうそくこうとう)・犬歯尖頭(けんしせんとう)・切歯(せっし)の切縁(せつえん)を連ねる線を咬合線(こうごうせん)といい、曲線を描きます。

 

 

 

下顎(かがく)では下顎第三大臼歯(かがくだいさんだいきゅうし)から第一小臼歯(だいいちしょうきゅうし)までは下方(かほう)に凸彎(とつわん)、犬歯(けんし)から中切歯(ちゅうせっし)まではほぼ直線になっており、こちらの彎曲をスピーの彎曲といいます。

 

 

こちらの曲線の最下点(さいかてん)は第一大臼歯近心頬側咬頭(だいいちだいきゅうしきんしんきょうそくこうとう)で、曲線の中心点は眼窩内涙骨上縁(がんかないるいこつじょうえん)にあり、曲線を後方に延長すると下顎頭(かがくとう)の前縁(ぜんえん)を通ります。

 

 

スピーの彎曲は、咀嚼筋(そしゃくっきん)の収縮方向(しゅうしゅくほうこう)に対して臼歯咬合面(きゅうしこうごうめん)が垂直になり、それぞれの臼歯(きゅうし)がそちらの機能を十分発揮できるように適応したものです。

 

 


②   ウィルソンの彎曲 (curve of Wilson):側方歯牙彎曲(そくほうしがわんきょく)ともいいます。左右の頬側咬頭頂(きょうそくこうとうちょう)・舌側咬頭頂(ぜっそくこうとうちょう)を結んだ直線です。上顎臼歯(じょうがくきゅうし)は頬側(きょうそく)に傾斜、下顎臼歯(かがくきゅうし)は舌側(ぜっそく)に傾斜しているため、前方もしくは後方からみると上下顎(じょうげがく)とも下方(かほう)に凸彎(とつわん)する曲線を描きます。

 

 


③ モンソンの彎曲 (Monson’s curve):スビーの彎曲とウィルソンの彎曲を立体的に連ね合わせると、切緑(せつえん)や咬頭頂(こうとうちょう)は篩骨(しこつ)の鶏冠付近(けいかんふきん)を中心とする半径4インチ(10cm)の球面に接することになります。モンソンは、こちらの中心点を下顎運動の中心と考えて咬合器を製作しましたが、現在は否定されています。

 


・ボンウィル三角
(Bonwill triangle)
 下顎骨(かがくこつ)を咬合面(こうごうめん)からみたとき、下顎切歯点(かがくせっしてん)と左右の下顎頭(かがくとう)の中央を結んだ仮線(かせん)によってできる一辺4インチ(10 cm)の長さの正三角形を下顎三角(かがくさんかく)といいます。

 

こちらの定義と一致する下顎骨は白人10%・黒人4%ほどです。

 


・歯列弓三角(しれつきゅうさんかく)
 上顎歯列弓(じょうがくしれつきゅう)または下顎歯列弓(かがくしれつきゅう)を咬合面(こうごうめん)からみたとき、下顎切歯点(かがくせっしてん)と左右の最後大臼歯(さいこうきゅうし)の中心小窩(ちゅうしんしょうか)(上顎)もしくは遠心頬側咬頭頂(えんしんきょうそくこうとう)(下顎)を結んだ仮線(かせん)によってできる三角形をいいます。

 


・バルクウィル角 (Balkwill angle)
 下顎頭(かがくとう)と下顎切歯点(かがくせっしてん)を結ぶ線すなわちボンウィル三角と、咬合平面(こうごうへいめん)とがなす角度のことでイギリス人では23~30°、日本人では20~23°です。

 

体調に気を付けて

合格まで頑張って下さい。

応援しています。

 

 

歯の組織/歯の解剖学/エナメル質・象牙質・セメント質・歯髄についてつづっています

歯科技工学/歯の解剖学/歯と歯周組織/歯根膜・歯槽骨・歯肉

歯科技工学/歯科技工/歯根(しこん)の数

歯の解剖学・ 歯・歯列の異常/歯の形態 臼傍歯 歯科技工

国土利用計画法宅建④事後届出⑤事前届出後の手続 宅建 試験対策

哺乳類/歯性/歯の交換様式

都市計画法 ⑬ 建築制限 チェック項目 「開発区域内」と「開発区域外」の建築制限 ⑭ 都市計画事業の制限  宅建試験対策

宅建建築基準法 ③ 建築確認申請の手続等 ④ 主な単体規定  宅地建物取引士 試験対策

歯の方向・部位を表す用語/連合隆線・斜走隆線(しゃそうりゅうせん)

Tweetよろしくお願いします!