mos(モス)マイクロソフトモス mosマスター

 

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格MOSって? 

ユーキャンから抜粋しています。

 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは、PCスキルを証明する資格です。多くの会社でPCを使うのが当たり前になっている今、そのスキルを客観的に証明することができるので、就職や転職に強い!ビジネスに使える実践的な知識やスキルが身につくので、業務効率化にも役立ちます。

 

mos マスター mos検定 

 

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格 

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS試験)は、マイクロソフトが認定するMicrosoft Officeの基本操作・応用的な操作のスキルを証明する世界共通の資格。社内での評価アップや就職・転職時の実務能力の証明として、学生から社会人まで幅広く認知されており、認知度が高く人気のPCスキル資格。全国でたくさんの人が受験しています。

 

「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」資格の通信講座・通学講座

 

 

種別

コース名

期間

費用

特徴

スクール名

通信

マイクロソフトオフィススペシャリスト

1ヶ月

19.000円~

ゲーム感覚で楽しく学べるオリジナル学習用ソフト。模擬試験で本試験趣味レーションも可能。

ユーキャン:

通信

MOS2013スペシャリストWord&エクセル試験対策

2ヶ月

35.000円~

1日150分・最短7日間で学習できるカリキュラムで、短期間で取得が可能。合格保証サポート付き

ヒューマンアカデミー:

通信

MOS2010スペシャリスト合格講座

(Word+EXCEL)

1科目2時間×10回

32.920円~

定評あるFOD出版のテキストを使い、合格に直結する知識だけを伝授。別途PowerPoint講座もあり

LEC:

 

 

 

 

 

 

2018年度推測値は累計受験者数430万人

MOS累計受験者数は日本で430万人にも。試験はだれでも受けられ、幅広い年代の方が受験。スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)の2種類があり、試験は毎月、全国で実施されています。

※累計受験者数は、日本国内のマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)実施に関するデータです(2019年8月31日現在)。

 

 

 

年間受験者数 

約190、000人

2018年度推測値

所要勉強時間

エディフィスラーニング参考書1冊

年間合格者数  / 資格登録者総数

85,291人

認定者累計2019年1月時点

合格率   /    

 

 

 

 

MOS取得体験談のせています

Acer・MOS資格取得体験談2種

 

 

 

エディフィスラーニングMOS・Word書籍

 

 

 

 

こんな方におススメの資格

・自分のペースで学習したい方

事務・営業関係への就職

・転職を目指す方

・マイクロソフト製品を使った企画書策さえいや社内業務の仕事に従事する方

 

 

 

 

 

 

「マイクロソフトオフィススペシャリスト」の資格に関する需要

企業競争のグローバル化、IT化・クラウド化の進展により、ITリテラシーはすべてのビジネスパーソンに必須のスキルとなっています。ITリテラシーは、各個人の業務の専門家が進む中、業務のスピードアップ化・効率化、および仕事の幅を広げるために、今後ますます重要になります。

・Excel

・PowerPoint

・Word

などビジネス上で最も利用されるマイクロソフトソフトウェアのスキルを高めることは、スキルの幅広いアピールにつながります。

 

 

 

 

仕事のやりがい

・PowerPointを使った提案書や企画書の作製

・Excelを使った各種データの集計や分析

・マニュアル

・議事録

・社内規定書などのWordを使った作成

                   などをはじめとして、ビジネスの現場ではさまざまな場面でマイクロソフトオフィスを使う業務・場面があります。

また、マイクロソフトオフィスのスキルを持つことで、会社・チーム・プロジェクトで「頼れる存在」になることができます。

 

 

 

 

 

数字で見るマイクロソフトオフィス スペシャリスト

 

MOS試験公式HPでは、MOS試験の実施が以下のように示されています。

・約200の国や地域で実施されているグローバルな資格

・日本における累計受験者数420万人を突破する、一般パソコンユーザー向けの資格として日本最大級の資格

・オフィスマスター累計認定者数85,291人(2019年1月時点)

 

 

 

 

 

資格取得のポイント

Officeの各バージョン及び各アプリケーションごとに試験科目が分かれており

・Word

・Excel

      はスペシャリストレベル(一般)と、エキスパートレベル(上級)の2段階に分かれています。

 

同一バージョンの所定4科目の合格者には「マイクロソフトオフィススペシャリストマスター」の称号が与えられオフィスソフトの複数アプリケーションを使いこなせる総合的なスキルを証明できます。

 

「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)試験」概要

 

 

受験資格

誰でも受験できる

試験実施日

全国統一毎月1・2回+随時

※試験会場として認定されいるパソコンスクールや教育機関んど、全国約1,500カ所で実施

試験内容

試験科目は以下5科目(試験時間は各科目50分)

①    Word

②    Excel

③    PowerPoint

④    Access

⑤    Outlook

 

※Microsoft Officeのプリケーションを使い、どれだけ要求された作業を確実に行えるかを判定する。すべてパソコンを

使った実技試験で、結果は試験終了後に画面上ですぐに確認できる。

※Office2016、Office2013、Office2010の3バージョンあり

※WordとExcelは、スペシャリスト(一般)・エキスパート(上級)の2種類のレベルあり

 

 

 

 

 

 

「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」資格の通信講座・通学講座

 

 

 

種別

コース名

期間

費用

特徴

スクール名

通信

マイクロソフトオフィススペシャリスト

1ヶ月

19.000円~

ゲーム感覚で楽しく学べるオリジナル学習用ソフト。模擬試験で本試験趣味レーションも可能。

ユーキャン:

通信

MOS2013スペシャリストWord&エクセル試験対策

2ヶ月

35.000円~

1日150分・最短7日間で学習できるカリキュラムで、短期間で取得が可能。合格保証サポート付き

ヒューマンアカデミー:

通信

MOS2010スペシャリスト合格講座

(Word+EXCEL)

1科目2時間×10回

32.920円~

定評あるFOD出版のテキストを使い、合格に直結する知識だけを伝授。別途PowerPoint講座もあり

LEC:

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 


IT資格ランキング

 

 

資格参考関連記事一覧

宅建 eラーニング 宅地建物取引業法のせています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tweetよろしくお願いします!