ルアーフィッシング~イカ~~エギング~~エギ~

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

エギングしてみようかなぁ

ルアーフィッシングしてみようかなぁ

っていう方向けに載せています。

安全のためライフジャケットを着用しましょう。

エギングについて綴ります。

1

早々プロアングラーのお話になりますが

磯竿とエギングの組み合わせが

飛距離も出るし

扱いやすいようです。

アオリイカの写真はこちらです→

aor2

離岸流にのせて

エギを投げ込んで沖のほうへ

流していくわけです。

調べるていると場所は大事ですね〜。

離岸流について・・・

海の波には打ち寄せる力があり

局所的に沖方向に強い流れが

生じます。

夏に浮き輪で浮かんでいると

流されるので

くれぐれも沖へ向かうような

遊びはしないようにしましょう。

きりんは甥っ子たちと

買ってきたプールで遊んでいました。

ライフガードの方がいても

くれぐれも沖へ行かないように

しましょう。

水際のレジャー気をつけてください。

エギングの基本的な方法

まず場所選びは大事です。

ロングピッチジャーク・・・

着底までカウントし

竿を大きくしゃくり上げ

巻く方法です。

ショートピッチジャーク・・・

着底までカウントし

小刻みに竿をしゃくる方法です。

エギング専用の

ロッドやリール・ハリス

PEラインやシンカーがあり

漁港でもヒイカ(ツツイカ)が

ライトゲームタックルで狙えたり

ヒイカの写真はこちらです。→

2

エギングも人気ですね。

風速や風向き

釣りにとって大事な要素のひとつ

風速や風向きはスマホのアプリで

調べることができます。

南風は南からの風です。

迷惑な台風も南風に乗ってやってきます。

北風が吹いてくると

「そろそろ冬ですね。」

といった具合です。

例えばですが

屋内の釣り堀でするならまだしも

屋外になると

風や天気も要素(ファクター)になってきます。

北向きに投げているのに

北風が吹いてくると

飛距離を伸ばすことが出来ず

フィッシングが成立しないのです。

例えばハリケーンの中しませんよね。

強い北風が吹く時間を見計らって

南向きに投げ込むのです。

風はフィッシングにおいて

重要な要素です。

参考にしたアウトドア&スポーツ ナチュラム エギング リンクを載せています。

キャッチアンドリリースを

心がけましょう。

体調に気を付けて

合格まで頑張ってください。

応援しています。

Tweetよろしくお願いします!