歯の解剖学(歯科技工学) 歯根の形態

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

「歯学に興味がある」

という方向けに載せてみました。

歯は大事ですね

歯周に違和感を感じられた方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

歯根(しこん)およびその周辺について

述べています。

歯根の形態(しこんのけいたい)

 歯根の形態は原則として円錐形(えんすいけい)で

唇(頬)舌的(しんきょうぜつてき)あるいは

近遠心的(きんえしんてき)に圧平されています

1

歯根の先端は根尖(こんせん)

(apex of root)といい

根尖には歯髄(しずい)に分布する神経

血管などの交通路となる

根尖孔(こんせんこう)(apical foramen)

があります。

2

根尖孔の位置は

常に歯根の先端とは限らず

数も1根に1個とは限られません。

 歯数によって歯根が

1本のもの、2本のもの

3本以上ののものがあり

それぞれ単根歯(たんこんし)

複根歯あるいは

多根歯(たこんし)という。

切歯、犬歯および大部分の

小臼歯は単根歯であるが

上顎第一小臼歯の約半数は複根歯

頬側根(きょうそくこん)と

舌側根(ぜっそくっこん)に分かれ

下顎大臼歯も複根歯で近心根と遠心根

分かれ

また

上顎大臼歯は多根歯で

近心頬側根、遠心頬側根と舌側根の

3根に分かれます。

 複根歯や多根歯の場合

それぞれの歯根は歯冠からただちに

別々に分岐するのではなく

歯頚部のところでは

常に融合して、この融合部分を根幹(こんかん)といいます。

”引用 歯科技工学 歯の解剖学”

~まとめ~

小臼歯・大臼歯は

複根歯(2本以上)です。

前歯・側切歯・犬歯は

単根(1本)です。

3

体調管理に気を付けて

合格まで頑張ってください。

応援しています。

Tweetよろしくお願いします!