歯科技工学/歯科技工/歯根(しこん)の数

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

歯の解剖学(書籍)を参照し

・歯根(しこん)

 

       の数についてつづっています。

(歯の根のかずについてのせています。)

 

 

        目次

        1. 歯根(しこん)
        2. 分岐部

 

小臼歯(しょうきゅうし)・大臼歯(だいきゅうし)は複根歯(ふくこんし)

(2本以上の根の歯)です。

 

前歯(ぜんし)・側切歯(そくせっし)・犬歯(けんし)の歯根(しこん)の数は単根(たんこん)(1本の根の歯)です。

 

 

歯科技工学/歯根(しこん)およびその周辺について

歯数(しすう)によって歯根(しこん)が

・1本

・ 2本

・3本以上

 

の歯があり、それぞれ

 

・単根歯(たんこんし)

・複根歯(ふくこんし)

・多根歯(たこんし)

 

と呼ばれます。

 

切歯(せっし)、犬歯(けんし)および大部分の小臼歯(しょうきゅうし)は単根歯(たんこんし)です。

しかし、上顎第一小臼歯(じょうがくだいいちしょうきゅうし)の約半数は複根歯(ふくこんし)で頬側根(きょうそくこん)と舌側根(ぜっそくっこん)に分かれ下顎大臼歯(かがくだいきゅうし)も複根歯(ふくこんし)で近心根(きんしんこん)と遠心根(えんしんこん)にわかれます。

 

上顎大臼歯(じょうがくだいきゅうし)は多根歯(たこんし)で近心頬側根(きんしんきょうそくこん)、遠心頬側根(えんしんきょうそくこん)と舌側根(ぜっそくこん)の3根(3こん)にわかれます。

 

歯根(しこん)の形態

1

 

 

歯根(しこん)の先端は根尖(こんせん)/apex of root といいます。

 

 

なぜなら、根尖(こんせん)には歯髄(しずい)に分布する神経血管などの交通路となる根尖孔(こんせんこう)/apical foramen があるからです。

 

歯根(しこん)の形態は原則として円錐形(えんすいけい)で、唇(頬)舌的(しん(きょう)ぜつてき)または、近遠心的(きんえしんてき)に圧平(あっぺい)されています。

2

 根尖孔(こんせんこう)の位置は、つねに歯根(しこん)の先端とは限らず数も1根(1こん)に1個とは限られません。

 歯頚部(しけいぶ)のところでは、つねに融合(ゆうごう)して、この融合部分(ゆうごうぶぶん)を根幹(こんかん)といいます。

 

・複根歯(ふくこんし)

・多根歯(たこんし)

 

はそれぞれの歯根(しこん)は歯冠(しかん)からただちに別々に分岐(ぶんき)しません。

 

引用 歯科技工学 歯の解剖学

3

体調に気を付けて

合格まで頑張ってください。

応援しています。

 

 

 

歯の着色/歯科技工/外来性着色/内来性着色

口臭防止に!  なた豆のちからで健康な歯や歯茎へ。 口コミ

歯の解剖学(歯科技工学) 真歯と角質歯(しんしとかくしつし)

Tweetよろしくお願いします!