小児歯科学/歯科技工/歯科技工学/歯が生え変わる順番 

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

 

 

小児歯学についてのせています。

 

歯について疑問に思われたこと、ございませんか。

 

歯科技工学・小児歯学(しかぎこうがく・しょうにしがく)をつづっています。

 

 

いろいろと歯科についてものせているので参考までに見て下さいね。

 

歯は大事ですね。

子どもは前歯から歯が抜けます。

 

ライオンの研究HPはこちらです。

歯の生えかわり|歯と口の健康研究室|ライオン歯科衛生研究所

 

 

 

子どもの歯の表示

 

小児歯科においては歯はアルファベットで表示されています。

 

A B C D E といった具合です。

 

乳歯(にゅうし)/こどものは

 

A  Milk incisor / 乳中切歯 (にゅうちゅうせっし)

B  Milk side incisor / 乳側切歯 (にゅうそくせっし)

C  Milk canine / 乳犬歯  (にゅうけんし)

D  Breast first molars / 乳第一乳臼歯(にゅうだいいちにゅうきゅうし)

E  Milk second molar / 乳第二乳臼歯(にゅうだいににゅうきゅうし)

 

 

大人の歯は、上下左右合わせて28本が一般的に、生えていて8ばんが”親知らず”といわれる歯です。

(大人の歯は 1 2 3 4 5 6 7 といった数字です。)

 

 

永久歯(えいきゅうし)/大人の歯

 

1 Central Incisor / 中切歯(ちゅうせっし)

2 Lateral Incisor / 側切歯(そくせっし)

3 Canine / 犬歯(けんし)

4 First Premolar / 第一小臼歯(だいいちしょうきゅうし)

5 Second Premolar / 第二小臼歯(だいにしょうきゅうし)

6 First Molar / 第一大臼歯(だいいちだいきゅうし)

7 Second Molar / 第二大臼歯(だいにだいきゅうし)

 

大人の歯がはえてくる順番は学説(がくせつ)によって区別されています。

 

上の歯は6番 第一大臼歯(だいいちだいきゅうし)が最初にはえてくるとされています。

つぎに

1番 中切歯(ちゅうせっし)、

2番 側切歯(そくせっし)、

4番 第一小臼歯(だいいちしょうきゅうし)、

3番 犬歯(けんし)、

5番 第二小臼歯(だいにしょうきゅうし)、

7番 第二大臼歯(だいにだいきゅうし)、

8番 第三大臼歯(だいさんだいきゅうし)、

という順番とされています。

 

下の歯は6番 第一大臼歯(だいいちだいきゅうし)が最初にはえてくる歯です。

つぎに、

1番 中切歯(ちゅうせっし)、

2番 側切歯(そくせっし)、

3番 犬歯(けんし)、

4番 第一小臼歯(だいいちしょうきゅうし)、

5番 第二小臼歯(だいにしょうきゅうし)、

7番 第二大臼歯(だいにだいきゅうし)、

8番 第三大臼歯(だいさんだいきゅうし)、

といった順番にはえてきます。

 

 

 

体調に気を付けて

合格まで頑張ってください。

応援しています。

Tweetよろしくお願いします!