CATEGORY

宅建 資料集

令和3年12月宅地建物取引士試験解答解説 【完全無料】

令和3年12月 宅地建物取引士試験は 受験者数 24.964人 基準点      2月9日 合格者は未公表です。   \宅建民法ならびかえクイズ完全無料!これで弱点克服/ 宅建試験 正解一覧    令和3年12月宅地建物取引士試験解答解説   問題No. 解答 解説 難易度 重要度 問1 1 民法 自力救済(判決文) 問2 2 相隣関係 問3 4 成年後見人 問4 1 売買契約 […]

宅建過去問解答解説令和3年12月試験(2021年試験) 問1

宅建過去問令和3年12月試験 問1解説 【問 1】 次の1から4までの記述のうち、民法の規定、判例及び下記判決文によれば、正しいものはどれか。 (判決文) 私力の行使は、原則として法の禁止するところであるが、法律の定める手続によつたのでは、権利に対する適法な侵害に対抗して現状を維持することが不可能又は著しく困難であると認められる緊急やむを得ない特別の事情が存する場合においてのみ、その必要の限度を超 […]

宅建過去問解答解説令和3年12月試験(2021年試験) 問2

宅建過去問令和3年12月試験 問2解説 【問 2】 相隣関係に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。 1 土地の所有者は、隣地の所有者と共同の費用で、境界標を設けることができる。 2 隣接する土地の境界線上に設けた障壁は、相隣者の共有に属するものと推定される。 3 高地の所有者は、その高地が浸水した場合にこれを乾かすためであっても、公の水道又は下水道に至るまで、低地に水 […]

宅建過去問解答解説令和3年12月試験(2021年試験) 問3

宅建過去問令和3年12月試験 問3解説 【問 3】 成年後見人が、成年被後見人を代理して行う次に掲げる法律行為のうち、民法の規定によれば、家庭裁判所の許可を得なければ代理して行うことができないものはどれか。 1 成年被後見人が所有する乗用車の第三者への売却 2 成年被後見人が所有する成年被後見人の居住の用に供する建物への第三者の抵当権の設定 3 成年被後見人が所有するオフィスビルへの第三者の抵当権 […]

宅建過去問解答解説令和3年12月試験(2021年試験) 問4

宅建過去問令和3年12月試験 問4解説 【問 4】 いずれも宅地建物取引業者ではない売主Aと買主Bとの間で令和3年7月1日に締結した売買契約に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 1 BがAに対して手付を交付した場合、Aは、目的物を引き渡すまではいつでも、手付の倍額を現実に提供して売買契約を解除することができる。 2 売買契約の締結と同時に、Aが目的物を買い戻すことができ […]

宅建過去問解答解説令和3年12月試験(2021年試験) 問5

宅建過去問令和3年12月試験 問5解説 【問 5】 AがBの代理人として行った行為に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。なお、いずれの行為もBの追認はないものとし、令和3年7月1日以降になされたものとする。 1 AがBの代理人として第三者の利益を図る目的で代理権の範囲内の行為をした場合、相手方Cがその目的を知っていたとしても、A C間の法律行為の効果はBに帰属する […]

宅建過去問解答解説令和3年12月試験(2021年試験) 問6

宅建過去問令和3年12月試験 問6解説 【問 6】 不動産に関する物権変動の対抗要件に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1 不動産の所有権がAからB、BからC、CからDと転々譲渡された場合、Aは、Dと対抗関係にある第三者に該当する。 2 土地の賃借人として当該土地上に登記ある建物を所有する者は、当該土地への所有権を新たに取得した者と対抗関係にある第三者に該 […]

宅建過去問解答解説令和3年12月試験(2021年試験) 問7

宅建過去問令和3年12月試験 問7解説 【問 7】 令和3年7月1日になされた遺言に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。 1 自筆証書によって遺言する場合、遺言者は、その全文、日付及び氏名を自書して押印しなければならないが、これに添付する相続財産の目録については、遺言者が毎葉に署名押印すれば、自書でないものも認められる。 2 公正証書遺言の作成には、証人2人以上の立会 […]

宅建過去問解答解説令和3年12月試験(2021年試験) 問8

宅建過去問令和3年12月試験 問8解説 【問 8】 AはBに対してAが所有する甲土地を1,000万円で売却したい旨の申込みを郵便で令和3年7月1日に発信した(以下この問において「本件申込み」という。)が、本件申込みがBに到達する前にAが死亡した場合における次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 1 Bが承認の通知を発する前に、BがAの死亡を知ったとしても、本件申込みは効力をうしな […]

宅建過去問解答解説令和3年12月試験(2021年試験) 問9

宅建過去問令和3年12月試験 問9解説 【問 9】 AがBに対してA所有の甲建物を令和3年7月1日に①売却した場合と②賃貸した場合についての次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1 ①と②の契約が解除された場合、①ではBは甲建物を使用収益した利益をAに償還する必要があるのに対し、②では将来に向かって解除の効力が生じるのでAは解除までの期間の賃料をBに返還する必要はな […]