CATEGORY

宅建 資料集

宅建に関する不動産用語140語

宅建に関する不動産用語  (株)日建学院『宅建受験法律用語集』から転載 1.あ行 2.か行 3.さ行 4.た行 5.な行 6.は行 7.ま行 8.や行 9.ら行 ―あ行― 意思表示 (いしひょうじ)   法律上の効果の発生を目的とする人の表現行為で、法律がその目的通りの効果の発生を認めているものをいう。 例えば、 「愛している」といっても法律上は何の効果も発生しないから、これは民法上の […]

宅建資料集

宅建資料コーナー ー民法 科目:民法   ー法令上の制限 科目:法令上の制限   ー宅建業法 科目:宅建業法   ーその他の法令 科目:その他の法令   ー宅建業法原文 宅地建物取引業法原文

【永久保存版】宅建民法未出題 8論点

「改正民法の未出題はどこ?」という疑問点の解消に宅建民法未出題論点8例題を挙げます。     令和2年民法未出題論点   連帯債務   例題   AとBが共同して、Cから、C所有の土地を2.000万円で購入し、代金を連帯して負担する(連帯債務)と定めた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには〇、誤っているものには✕をつけなさ […]

民法改正比較!令和2年度10月・12月 ポイント13 

令和2年12月度試験 試験 【問 1】 不法行為(令和2年4月1日以降に行われたもの)に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 3 責任能力がない認知症患者が路線内に立ち入り、列車に衝突して旅客鉄道事業者に損害を与えた場合、当該責任無能力者と同居する配偶者は、法定の監督義務者として損害賠償責任を負う。 解答・解説例 3 誤り。正解。精神障害者と同居する配偶者であ […]

宅建士試験合格したい人にこそ読んでほしい268問【新常識】!見てるだけで参考になる資料!宅建一問一答

宅建資料を作成した管理人です。 やや専門用語はございますが、実際のところまわりくどく解説することは合格までの近道とはいえないのではないでしょうか。 「宅建試験合格までにさまざまな問題をみる」をコンセプションにこのページを作成しました。 ところどころWikiPediaなど他社様から引用をしています。 誤字・脱字など、また、質問も受け付けています。 ・お問い合わせページ            […]

【永久保存版】見ているだけで参考になる宅建 資料 【民法】

宅建資料を作成した管理人です。 やや専門用語はございますが、実際のところまわりくどく解説することは合格までの近道とはいえないのではないでしょうか。 ところどころWikiPediaなど他社様から引用をしています。 誤字・脱字など、また、質問も受け付けています。 ・お問い合わせページ 宅建資料民法 目次 区分所有法①区分所有権 区分所有法②共有持分 区分所有法③管理組合 区分所有法④規約等 区分所有法 […]

【永久保存版】見ているだけで参考になる宅建 資料 【宅地建物取引業法】

宅建資料を作成した管理人です。 やや専門用語はございますが、実際のところまわりくどく解説することは合格までの近道とはいえないのではないでしょうか。 ところどころWikiPediaなど他社様から引用をしています。 誤字・脱字など、また、質問も受け付けています。 宅建業法は作成者の意図により宅建業法原文と合わせて解説しています。 誤字・脱字など、また、質問も受け付けています。 ・お問い合わせページ & […]

【永久保存版】見ているだけで参考になる宅建資料 【法令上の制限】

宅建資料を作成した管理人です。 やや専門用語はございますが、実際のところまわりくどく解説することは合格までの近道とはいえないのではないでしょうか。 ところどころWikiPediaなど他社様から引用をしています。 誤字・脱字など、また、質問も受け付けています。 ・お問い合わせページ 宅建資料 法令上の制限 目次都市計画法 資料 ①都市計画法の概要宅建試験対策 都市計画法 資料 ②区域指定 ③ 都市計 […]

宅建試験令和2年10月度 正解解説

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。 宅建試験令和2年10月度 正解 解説 問1 甲土地が共有物の分割によって公道に通じない土地となっていた場合には、A は 公道に至るために他の分割者の所有地を、償金を支払うことなく通行することができる。 正解です。 なぜなら、分割で公道に通じない土地は分割地のみ、償金なしで通行可。   分割によって公道に通じない土地(いわゆる袋地)が […]

令和2年宅建試験講評 民法改正出題されなかった論点

  こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。       令和2年12月宅建試験は田園住居地域が出題されました。 平成30年(2018年)に用途地域が改正されてから初出題でした。   問題は 【問 18】 次の記述のうち、建築基準法(以下この問において「法」という。)の規定 によれば、誤っているものはどれか。 4 田園居住地域内の建築 […]