CATEGORY

宅建 過去問 解いてみました

宅建試験令和2年10月度 正解解説

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。 宅建試験令和2年10月度 正解 解説 問1 甲土地が共有物の分割によって公道に通じない土地となっていた場合には、A は 公道に至るために他の分割者の所有地を、償金を支払うことなく通行することができる。 正解です。なぜなら、分割で公道に通じない土地は分割地のみ、償金なしで通行可。 分割によって公道に通じない土地(いわゆる袋地)が生じたときは、そ […]

令和2年宅建試験講評 民法改正出題されなかった論点

  こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。       令和2年12月宅建試験は田園住居地域が出題されました。 平成30年(2018年)に用途地域が改正されてから初出題でした。   問題は 【問 18】 次の記述のうち、建築基準法(以下この問において「法」という。)の規定 によれば、誤っているものはどれか。 4 田園居住地域内の建築 […]

令和2年12月試験の解答がわからない場合にみるページ

  こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。 不法行為 【問 1】 不法行為(令和2年4月1日以降に行われたもの)に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 3 責任能力がない認知症患者が路線内に立ち入り、列車に衝突して旅客鉄道事業者に損害を与えた場合、当該責任無能力者と同居する配偶者は、法定の監督義務者として損害賠償責任を負う。 3 誤り […]

令和2年10月試験の解答がわからない場合にみるページ

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。     【問題1】 Aが購入した甲土地が他の土地に囲まれて公道に通じない土地であった場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 1 甲土地が共有物の分割によって公道に通じない土地となっていた場合には、Aは公道に至るために他の分割者の所有地を、償金を支払うことなく通行することができる。 2  […]

平成29年度(2017年) 宅建過去問 解いてみました。正解肢解説しています。

  こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。   宅建過去問       2017(平成29年度)年過去問解いてみました。   宅建資格を取得するにあたり過去問(たっけんかこもん)を解いたところ 「解答を読んでもわかりにくい」 2017(平成29年度)年、宅建過去問正解肢(せいかいし)がわからない、わかりにくい場面に初学者の方でも役立ちそうな解説を少し混じえていま […]

平成30年度 宅建過去問 解いてみました。

  こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。 宅建過去問平成30年度 2018年過去問解いてみました。   宅建資格を取得するにあたり過去問(たっけんかこもん)を解いたところ「解答を読んでもわかりにくい」 2018年、宅建過去問正解肢(せいかいし)がわからない、わかりにくい場面に初学者の方でも役立ちそうな解説を少し混じえています。   “宅建 […]

令和元年度 2019年 宅建過去問 解いてみました。

  こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。 令和元年 2019年の宅建試験おつかれさまでした。       2019年宅建試験見直ししたけど 「少し正解がわかりにくい」   「こたえを読んでもわかりにくい」   といった感想ございませんでしょうか。   宅建過去問 2019年本試験(過去問)について 宅建士資格保 […]

PAGE TOP