出会う事前に相手のことがわかる会員制コミュニティサイト

こんにちは。きりん(@kirinnaccount)です。

いつもは資格メインにブログしていますが、

今回は出会い系アプリ

目的別に相手を探すなら【ciel】について

 

・既存のアプリ

・ご紹介しますアプリについて

 

  問題点を比較しています。

 

 

お時間があればご閲覧くだいね。

 

 

             みだし
      
            1. アプリが重複する問題       
            2. 相手にききにくい質問を確かめる方法       
            3. 相手に関する問題

 

 

1

 

アプリがたくさん・マルチホーミング問題

 

現在の既存アプリのほとんどは

恋人探し・結婚相手さがし・友達づくり・食事デート目的といった「出会いの目的」ごとに

つくられているため、ユーザーは、自分が求める出会いの種類をカバーするために複数のアプリをダウンロードしなければならないという問題がありました。

 

 

しかし、目的別に相手を探すなら【ciel】 では、恋愛・結婚・友達・経験という「出会いの代表的目的5つを1つのアプリにとりこみました。

 


恋愛・結婚・友達・食事・経験という各コミュニティに所属している会員間でのみマッチングが成立する仕組みとなっているため、目的違いのマッチングは発生しないしくみになっています。

つぎに、既存アプリでは、毎日複数のアプリを開くのは面倒で、返信忘れなどのうっかりミスも発生しやすく、早期の大会や、知らず知らずのうちに休眠アカウントになりがちという問題点を抱えていました。

しかし、目的別に相手を探すなら【ciel】 ではズべての代表的目的を1つのアプリに取り込み
自分の所属コミュニティに関係なく他のコミュニティ・全てのコミュニティの異性プロフィールを閲覧することができます。


また、自分の所属コミュニティを簡単に変更することができ、臨機応変に新しい種類の出会いを探し・みつけることが簡単にできます。

 

1

相手の経済力が気になるが確認しにくいという問題

これまでのアプリでは結婚をふくむ男女の関係において、それぞれの経済力とバランスは重要なポイントとされていました。

 


経済的負担・経済的余裕がある相手をもとめてやり取りをはじめて実際に会ったところ、理想とはちがっていたというケースもしばしばみられていました。

これまでのアプリの大半はやり取りにおいて、出会う前に、やりとりで相手の経済力を質問するのはむずかしく、出会ったあとにもお金のトラブル・微妙なやりとりがつづき、信頼関係ができる前に関係が終わっていまうこともしばしばあるといった問題点を抱えていました。

 

今回ご紹介しますアプリ目的別に相手を探すなら【ciel】 では、恋愛・結婚・友達・食事・経験というコミュニティ選択時に、自分の「費用負担感覚」を5つから選ぶことが可能です。

 


また、選択結果は相手に表示されます。

たとえば、

 


① 各自負担または相談して決めたい。

② 食事等の実費はできれば相手に甘えたい

③ 食事等の実費は自分が相手の分も払いたい

④ 食事等の実費に加えて交通費をお願いしたい

⑤ 食事等の実費に加えて相手の交通費も払いたい

 

 

    といった5種類があげられます。

 

あらかじめ自分が会ってからのトラブル回避をすることができ、信頼関係を築きやすいアプリ設計となっています。

 


非公開モード・相手に関する問題

既存他社アプリでは、独身限定のはずなのに、


・既婚者が混ざっている


・業者や勧誘の対象となっている


・うそをつかれてドタキャンされた


・乱暴なことば遣いをつかわれた

など規約違反ではないですが、マナー違反に対応できているアプリはほとんどありませんでした。

しかし、目的別に相手を探すなら【ciel】 では会員間の相互評価システムを導入し、男性・女性の双方について、マナー違反の通報がすぐにすることができます。

 

 

たとえば、マナー違反通報の累計合計数が5回になればイエローフラッグが、10回になればレッドフラッグが当該違反会員のプロフィールに立つ仕組みになっています。

 

 

こちらのフラッグは旗がたった本人からはみえず、通報者の安全が確保されます。

 


また、フラッグが立った後に退会した会員は、一定期間が時間が経過するまでは、再度、登録ができない仕組みになっています。

 

体調に気を付けて
合格まで頑張ってください。
応援しています。

Tweetよろしくお願いします!