地球と太陽と月 サラマンダー・オオサンショウウオ、サンショウウオ

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

サンショウウオに興味あるな~

オオサンショウウオってどんな生物

かな~」

っていう方向けに載せています。

オオサンショウウオって特別天然記念物ですね。

オオサンショウウオについて

簡単にまとめてみました。

オオサンショウウオについて

1
オオサンショウウオ123

日本列島南西部における固有種です。

最大で150cmにまで育ちます。

野生個体では

一般には50から70cm程度です。

上顎中央部に並ぶ歯は八の字状です。

たまごは直径0.5から

0.8センチメートルで黄色く

完全水性であり

おもに標高400メートルから

600メートルにある

河川の上流域に生息すると

されています。

夜行性で昼間は水辺に掘った

巣穴などで休みます。

魚類、サワガニ

ヘビ類やカワネズミ

共食いもします。

4.500匹のたまごは

秋ころ孵化し

寿命は野生下でも10年以上

飼育下では51年の生存例があります。

サンショウウオの名前の由来としては、

「山椒のようなにおいがするから」

「ハンザキ」の異称があり

引用されることも多いそうです。

由来としては「からだを

半分に裂いても生きていそうな

動物だから」

「からだが半分に裂けているような

大きな口の動物だから」

といった説があります。

オオサンショウウオは

特別天然記念物、

準絶滅危惧種と指定されています。

です。

有尾目オオサンショウウオ科

オオサンショウウオ属に属しています。

(別名ハンザキです)

(Wikipediaより引用文があります)

WikiPedia オオサンショウウオ ページにリンクしています。

WikiPedia サンショウウオ ページにリンクしています。

サンショウウオについて

3

英語名の「サラマンダー」

salamander)は、イモリの仲間の

(newt)も含みます。

元々は火の中に住む精霊サラマンダー

火トカゲ)を意味します。

オオサンショウウオは50cm~

150cmと世界最大の

両生類の一つであるが、

他の種類は20cm以下と小型です。

日本のサンショウウオで

2番目に大きいのは

体長20cmほどになる

オオダイガハラサンショウウオです。

他の両生類と同じように、

皮膚には鱗(うろこ)がなく

粘膜におおわれています。

呼吸の大半を皮膚呼吸に頼っていて、

皮膚が湿っていないと

生存できません。

渓流に生息するハコネサンショウウオは

肺をもっていません。

前足は

後足は本の指をもちます。

冬から春にかけて

繁殖行動を行います。

オオサンショウウオは

繁殖期に川を遡上するとき以外は

ほとんど水中から

出ることはないですが

他の種類のサンショウウオは

陸上生活を送ることが多く

森林の落ち葉の下や

モグラやネズミが掘った

穴の中や川近くの石の下などに

生息しています。

繁殖期以外はあまり人の目に

ふれることはないです。

オオサンショウウオはぬいぐるみに

なってますね。

体調管理に気をつけて

合格まで頑張ってください。

応援しています。

Tweetよろしくお願いします!