ラミネートべニアが初めて剥がれてしまった記録/審美歯科ラミネートべニア経験談

こんにちは。きりん(@kirinaccount)です。

こんなお悩みございませんか。

・最近お口のことが気になるんだけど詳しくない。

・まわり(身近)に相談する人がいない。

 

いろいろと歯科についても載せているので参考までに見て下さいね。

歯は大切ですね。

 

審美歯科・ラミネートべニア経験談についてつづっています。

 

歯を削るとき、痛みが強いので、麻酔してくださいっていってくださいね。

(経験上、よびかけています)

 

ラミネートべニア

 

 

きりんがラミネートベニアをしているのが前歯本です。

きりんはいわゆる「すきっぱ」が気になってラミネートベニアを選びました。

 

イメージ的には剝がれそうですが、実際にキリンは剥がれてしまった経験があり歯科医院に

駆け込んで貼っていただきました。

 

10年以上たちますが、ラミネートべニアがはがれてしまい3~4回は歯科医院にいってます。

(そこまで神経質にならなくてもあまりはがれません。)

 

30歳超えてからいわゆる中年太りしまして

(むかしは細かったんです)

 

当時は90kg以上体重がありました。

 

・飴が好物

・ホルモン鍋

・よく食べる

 

こんな具合です。

 

 

1番最初にはがれた1本は飴を一緒に飲み込んでしまいどこに行ったのか気づかないでいました。

 

 

 

はがれてしまうと歯を削っているので「スースー」しました。

 

 

個人差はあるかもしれませんが歯科医院によってさまざまな保証期間があるかと思いますが、

きりんの場合は10年くらいして1本剥がれています。

 

審美的に良い点は、

・歯を長くできる

・歯を短くできる

・歯の色が選べる

 

自分で選べるのでこのあたりは歯科矯正治療より優れているところではないでしょうか。

 

きりんの場合は白い歯が希望だったのでいちばん白いものを選びました。

 

ホワイトニングをするときにマウスピースしていると少し沁みたりラミネートベニアが外れたときは

後悔することもありましたが、

・歯科矯正

・審美歯科

いずれも経験がありますがいずれもおすすめです。

 

 

 

きりんの場合はラミネートべニアをしながらマウスピース矯正をしていました。少し沁みます。

 

歯科矯正をするなら経験上では、マウスピース矯正がおすすめです。

 

歯列矯正/マウスピース矯正/ブラケット矯正

 

 

マウスピース矯正の欠点は食事の時にマウスピースを外さないといけないことや

マウスピースが汚れるといった点では、

・コーヒー

・お茶

 

 も「少し不快かなぁ~」

 という点です。

 

マウスピースのお手入れは歯ブラシで軽くブラッシングします。

 

マウスピースは1~3週間に回に交換するペースが一般的な期間です。

 

寝る前にマウスピースを装着するだけといったケースも考えられるのでこの辺りは症状にもよりけりかと思います。

 

 

きりんのような俗語でいう「すきっぱ」くらいなら移動距離が多くないので長い期間がかかりません。

 

乱杭歯(らんぐいし)

 

・叢生歯(そうせいし)

 

・八重歯

 

の患者さんもマウスピース矯正治療によく来られていたように思います。

 

 

矯正治療するなら痛みが少ないマウスピース矯正がベターです。

 

体調に気を付けて

合格まで頑張ってください。

応援しています。

Tweetよろしくお願いします!