宅建過去問解答解説令和3年10月試験(2021年試験) 問47

宅建過去問令和3年10月試験 問47解説

【問 47】 宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれば、正しいものはどれか。
1  住宅の居室の広さを畳数で表示する場合には、畳1枚当たりの広さにかかわらず、実際に当該居室に敷かれている畳の数を表示しなければならない。

2  団地(一団の宅地又は建物をいう。)と駅との間の距離は、駅から最も近い当該団地内の地点を起点又は着点として算出した数値を表示しなければならず、当該団地を数区に区分して取引するときは各区分ごとに距離を算出して表示しなければならない。
3  新築分譲マンションを完成予想図により表示する場合、完成予想図である旨を表示すれば、緑豊かな環境であることを訴求するために周囲に存在しない公園等を表示することができる。
4  新築分譲住宅の販売にあたって行う二重価格表示は、実際に過去において販売価格として公表していた価格を比較対象価格として用いて行うのであれば、値下げの時期から1年以内の期間は表示することができる。

 

正解 2

問47 令和3年10月試験 景品表示法

 

1 ✕ 誤り

問題

住宅の居室の広さを畳数で表示する場合には、畳1枚当たりの広さにかかわらず、実際に当該居室に敷かれている畳の数を表示しなければならない。

 

解説

住宅の居室等の広さを畳数で表示する場合においては、畳1枚当たりの広さは1.62㎡(各室の壁芯面積を畳数で除した数値)以上の広さがあるという意味で用いることとなっています。

 

公正競争規約施行規則10条(16)

 

2 〇 正しい

問題
団地(一団の宅地又は建物をいう。)と駅との間の距離は、駅から最も近い当該団地内の地点を起点又は着点として算出した数値を表示しなければならず、当該団地を数区に区分して取引するときは各区分ごとに距離を算出して表示しなければならない。

解説

記述通りです。

 

表示規約施行規則第23条

 

3 ✕ 誤り

問題

新築分譲マンションを完成予想図により表示する場合、完成予想図である旨を表示すれば、緑豊かな環境であることを訴求するために周囲に存在しない公園等を表示することができる。

解説

「モデル・ルーム又は写真、コンピュータグラフィックス、見取り図、完成図もしくは完成予想図による表示であって、物件の規模、構造等について、事実に相違する表示または実際のものよりも優良であると誤認される表示」に該当すると考えられます。したがって、問題は誤りとなります。

表示規約施行規則第23条

 

4  ✕ 誤り

問題

新築分譲住宅の販売にあたって行う二重価格表示は、実際に過去において販売価格として公表していた価格を比較対象価格として用いて行うのであれば、値下げの時期から1年以内の期間は表示することができる。

解説

過去の販売価格の公表時期及び値下げの時期を明示しないといけません。

過去の販売価格とは値下げの3ヶ月以上前に公表された価格であって、かつ、値下げ前3ヶ月以上にわたり実際に販売のために公表していた価格をいいます。

 

表示規約施行規則第14条及び15条

 

正解は2です。

2番が正解です。

 

令和3年10月宅建試験 正解一覧

問題No.解答解説難易度重要度
問1民法 敷金(判決文)
問2連帯債務
問3契約類型
問4配偶者居住権
問5制限行為能力者制度
問6債権譲渡
問7債権譲渡
問8占有者及び所有者の責任
問9相続
問10債権の消滅
問11借地権
問12借地借家法
問13区分所有法
問14登記法
問15地区計画区域
問16事後届出
問17建築基準法
問18同上
問19宅地造成規制法
問20土地区画整理法
問21農地法
問22国土利用計画法
問23所得税法
問24不動産取得税
問25不動産鑑定評価基準
問26宅地建物取引業法 35条書面
問27免許基準
問28登録制度
問29案内所
問30広告 個数問題
問31保証協会
問32免許基準
問33重要事項説明 ハザードマップ
問34営業保証金
問35登録制度 個数問題
問36重要事項説明書
問3735条、37条書面
問38媒介契約 個数問題
問39クーリング・オフ
問40宅建業法 罰則規定
問4137条書面 個数問題
問42手付金
問43信用の供与
問44報酬制限
問45特定住宅瑕疵担保責任
問46独立行政法人住宅金融支援機構
問47景品表示法
問48統計
問49土地
問50建物

 

スポンサードサーチ